おすすめ記事!

コンテストに出場する人が日焼け(タンニング)をしてカラダを黒くするベき理由

 

仕事で東京にきています。

 

そんな日の夜は当然飲み会があるわけで…

 

減量中の身としてはつらい状況ですが、逆にそんな日をチートデイにするように調整している自分がいます。

 

 

さて、本日はコンテストに出場する人が日焼けをするべき理由について、サマスタのYouTubeチャンネル第10段の内容と絡めてご紹介していきます。

 

 

 

Summer Style Award(サマースタイルアワード) YouTubeチャンネル第10段

 

 

ついにサマスタの方も今年一発目の大会である横浜大会のエントリーが終了し、名古屋、大阪のエントリーが開始されています。

 

今年も各予選大会を勝ち抜いて決勝大会に出場するメンバー全員に、SOLEの日焼け1回利用券がタダでいただけるようになりました。

 

大変嬉しい限りですね^^

 

詳しい大会の賞品、詳細については下記記事をご覧ください。

 

Summer Style Award 【サマースタイルアワード】 2016 日程と大会詳細について

 

 

金子賢さんも日焼けは筋肉をより良く見せるために必ずといっていいほど重要と話しています。

 

日焼けをしてカラダを黒くすることにより、筋肉の陰影を見え易くする効果があります。

 

 

何人かは必ず、カラダを焼かずに大会に出場される方がいますが、サマスタに限っては、適度に日焼けした方が金子賢さんが考える、”夏が似合う男像” としてはふさわしいということになるでしょう。

 

 

どのくらい日焼けする必要があるの?

 

真っ黒すぎても逆に筋肉の陰影が見えにくくなってしまいますので、注意が必要です。

 

一番いいのは、昨年の大会の写真を参考に色合いを調整するのがベストだと感じます。

 

 

金子賢さん主催!サマースタイルアワード 結果とまとめ

金子賢さん主催!サマースタイルアワード 結果とまとめ ②

 

コンテストの舞台は思いのほか強いライティングが演出としてつかわれています。

 

黒人レベルの黒さではない限り、不自然に見えることがないと私は去年の大会を振り返ってみて感じました。

 

よって、日焼けが甘い人は逆に真っ白にも映ってしまいます。

 

日焼けは1日、2日で定着するようなものではありませんので、最低でも1ヶ月くらい前から計画的に焼く準備が必要でしょう。

 

日本のコンテストでは、ベストボディジャパンもそうですが、タンニングスプレーの使用が禁止されています。

 

金子賢さん曰く、タンニングスプレーは肌色にムラが出ますし、会場を汚す可能性があるため、禁止にしていると話しています。

 

 

最後に…

 

今日はタンニングのカラダを焼いて大会に出場する理由を簡単に書いてみました。

 

私自身もすでに真っ白ですので、今後、真っ白からコンテスト出場レベルまでのタンニングの状況を記事にまとめていければと思っています^^

 

日焼けが好きな人は必要ないですが、私も含め、日焼け自体がそこまで習慣化されていない人にとって、カラダを焼くという行為自体が初体験だと思います。

 

コンテストに出場されない人は、日焼けをする必要はないですが、適度に黒い肌は健康的に見えますし、やはり筋肉がくっきりとかっこ良く見えます。

 

やり過ぎは皮膚によくないですが、適度な小麦肌はかっこいいカラダをより良く見せてくれます。

 

 

是非今年の夏は小麦肌でかっこいいカラダデビューしましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 男性のムダ毛処理ってどうしてる? すね毛、脇毛、胸毛….やり方をご紹介

  2. カーボローディング(カーボアップ)の食事メニューはこれで決まりっ!私なりに解説してみた!

  3. コンテスト前日の食事で気をつけるべき3つのこと

  4. カーボローディング(カーボアップ)の食事メニュー〜最終日は浮腫み対策必須〜

  5. リンパマッサージでむくみ解消! 〜減量(ダイエット)中にパリッと張り付いた皮膚感に仕上げる方法〜

  6. 必見!カーボディプリート中のトレーニングメニューを紹介

  7. 狙ったその日に筋肉を大きく見せるための3つのプロセス

  8. 筋肉コンテスト(大会)前の調整を “超詳しく” まとめてみた〜はじめての方必…

  9. 金子賢さんのセミナーに参加し、改めてカーボディプリートの食事メニューを考えてみた

コメント

    • 木村
    • 2016年 3月 28日

    おはよーございます。
    日焼けですが、やはり、サロンに行った方がよいのでしょうか?自分で太陽の下で焼くのは推奨されないですか??

      • TOMO
      • 2016年 3月 28日

      こんにちは^^

      天サロ(太陽で焼く)でもいいと思います♪

      今の時期だとまだ寒いですが、これからは気持ちがいい季節ですよね♪

      ただ、5.6月は真夏よりも紫外線が強いので、注意が必要ということと、
      日焼けの下地作りに関しては焼けムラがない方が綺麗に焼けますので、
      私は最初の3回くらいは日サロで下地作りをしてから天サロをするのがオススメだと思います^^

        • 木村
        • 2016年 3月 28日

        なるほど!
        わかりました!!
        ちょっとやってみますね

          • TOMO
          • 2016年 3月 30日

          是非!!

          ちなみに、昨日私、お花見しながら天サロしてました 笑

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


ボディメイクを中心に、ライフスタイルにおいてもカッコよく生きる情報を発信していきます^^

Author:TOMO

TOMO

はじめまして。
TOMOと申します!

トレーニングに目覚め、ガリガリボディからカッコイイからだを目指してトレーニング中

サマースタイルアワード2016 東京大会 優勝

サマースタイルアワード2016 全国大会 3位

詳しいプロフィールはこちら

人気の記事

PAGE TOP