おすすめ記事!

破格の600円!!東京のジムでトレーニングするなら “東京体育館” が超きれいでオススメ

 

私は仕事で都内に行くことが多々あるのですが、その都度色々なジムを利用しています。

 

ほとんどがゴールドジムのビジターですが、一人で利用する際は区が運営しているジムや体育館を利用しています。

 

今日はその中でもアクセス、コスパ、環境を考慮して、私がオススメする “都度利用が可能なジム” をご紹介致します。

 

 

アクセス、コスパ、環境、三拍子揃った東京体育館

 

私がオススメするジムは “東京体育館” です。

 

東京体育館は総合スポーツ施設で、2020年の東京オリンピックでは、卓球の会場として利用される予定です。

 

そんな東京体育館の魅力をご紹介致します。

 

 

アクセス(場所)

 

JR千駄ヶ谷駅・大江戸線国立競技場駅を最寄り駅としており、駅の目の前という最高の立地です。

 

JR千駄ヶ谷駅は新宿から2駅、4分で行くことが可能です。

 

私はよく新宿に宿泊するので、とても助かっています。

 

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷1-17-1

電話:03-5474-2114

時間:平日 9:00~23:00(最終入場は22時)

土曜日 9:00~22:00(最終入場は21時)

日曜日・祝日 9:00~21:00(最終入場は20時)

定休日:不定休 (月に1〜3回)

 

※詳しいアクセス方法は 東京体育館HP をご覧ください

 

 

メインアリーナ

 

メインアリーナではなく、その右側にあるサブアリーナの方がジムになります。

 

 

コスパ (利用料金)

 

ゴールドジムに行く場合、いつもビジターで利用しているため、毎回3000円程かかっています。

(実際、会員になってしまった方が安いというくらいビジターで行っています 笑)

 

誰かと一緒でしたら全然ゴールドでもいいのですが、一人でサクッとトレーニングしたい場合、大手フィットネスクラブのビジターはコスパが良くありません。

 

そんな時、東京体育館は大手フィットネスクラブ級の施設を、都度利用 “600円”で利用することができます。

 

利用料金:600円 (トレーニングルーム、屋内プール)

利用時間:2時間30分

1日利用券:2,500円 (トレーニングルーム・プール・スタジオが利用可能)

月額料金:6,000円 (トレーニングルーム・プール)、7,000円 (トレーニングルーム・プール・スタジオ)

その他:お得なプリペイドカードあり

 

※詳しい利用料金については 東京体育館HP をご覧ください

 

 

環境 (ジム設備)

 

いくら安くても、ジムの環境が悪ければ満足のいくトレーニングができません…

 

その点、東京体育館は大手フィットネスクラブの “ティップネス” が運営しているため、とても清潔感のある気持ちのいい環境でトレーニングをすることができます。

(2013年にリニューアルされていますので、とても奇麗です)

 

また、区のジムや体育館と違い、スタッフが常駐していますので、何かあればすぐに質問をすることができます。

 

ガチでトレーニングする人向けのフリーウェイトエリアとマシーンエリアが分かれており、初心者から上級者まで満足のいくトレーニングが可能です。

 

プールも25m、50mともにコースが用意されています。

 

 

ジム内の紹介

 

館内は撮影が禁止のため、写真を撮ることができません。

 

top_img01

 

東京体育館フィットネスエリアHPより

 

トレーニングルームA

 

有酸素がメインに行う人のエリアとなり、下記設備があります。

 

  • ランニングマシン20台
  • エアロバイク10台
  • アセントトレーナー6台
  • 乗馬型フィットネス機器2台

 

その他にも、筋トレのマシンが多数あります。

 

  • チェストプレス
  • バラフライ
  • ショルダープレス
  • ローイング
  • ラットプルダウン
  • アブクランチ
  • レッグプレス
  • レッグエクステンション
  • レッグカール
  • インナーサイ
  • アウターサイ
  • トーソローテーション

 

等々…一通りのウェイトマシンが約30台程揃っています。

 

 

トレーニングルームB

 

こちらはフリーウェイト専用のエリアとなっています。

 

  • ベンチプレス3台
  • スクワットラック2台
  • スミスマシン1台
  • チンニング・ディップス
  • ラットプルダウン
  • バタフライ
  • ケーブル
  • プリチャーカール台
  • ベンチ3台
  • ダンベル
  • バーベル

 

基本的にフリーウェイトは一人20分で、2〜5人の利用で最大30分と決まっています。

 

このシステムのため、すぐに使えないこともありますが、逆に長時間占領されるということもありませんので、私は好きですね^^

 

一人でやる場合もダラダラせず、インターバルをきちんと管理して追い込むことができます。

 

 

プールエリア

 

プールエリアは一度も利用したことがないのですが、50mプールは8レーン、25mは6レーンを完備しているようですので、とても大規模ですね!

 

都度利用でも無料で参加できるプログラムもあるようですので、とても良心的なジムです。

 

※その他詳しい内容に関しては 東京体育館フィットネスエリアHP をご覧ください

 

 

その他

 

その他にも、綺麗なロッカールーム、シャワー、浴場、パウダールーム等が完備されており、会員制ジムと同レベルのサービスを受けることが可能です。

 

タオル、ウェア、シューズの有料貸し出しも行っていますので、手ぶらで会社帰り等でも利用可能です。

 

 

東体_施設_ロッカーエリアol

東京体育館フィットネスエリアHPより

 

 

ちょっとここは不満…

 

施設は申し分ないのですが、実際に利用してみると、少々不満もあります。

 

混んでいる

 

これは時間帯によるのですが、致命的に混んでいる時があります。

 

特に土日に関しては最悪です。

 

フリーウェイトに関しては時間制限が設けられていますので、それに合わせてトレーニングの計画を立てることが可能です。

 

ただ、ウェイトマシンに関しては時間の目安はあっても、制限がないため、占領されてしまっていたり、並ばれていてやりにくかったりすることがあります。

 

聞いた話しによると、7割の人が都度利用のようで、比較的常に混んでいるとの情報もあります。

 

 

合同トレーニングには不向き

 

今日まさに合同トレーニングで利用をしたのですが、いけて2人までだと感じました。

 

というのも、各マシン、ラック等々、時間制限があるため、複数人で占領することが難しい状況です。

 

実際、今日も二人で交互に背中のローイングマシンをやっていたのですが、4セットやっただけでスタッフに注意されてしまいました。

 

使用時間が長すぎだと….

 

確かに後ろをみると、イライラした様子の他の利用者が並んでいました 笑 すみません….

 

 

もう少しワイワイ、ウェイトをガンガンやりたいのでしたら、他のジムにした方がいいでしょう。

 

 

悪く言うと、規則に則った監視を常にされていますので、融通がききません。

 

 

延長料金がきっちり管理されている

 

利用時間が2時間半と決められているため、1分でもすぎてしまうと追加料金がかかってしまいます。

 

しかも、延長料金が1時間単位なので、1分過ぎただけでも追加で300円かかります。

 

合同トレーニング等で長話をしていると、2時間半って簡単に経過してしまう時間です。

 

今日はバッチリ追加で600円をとられました 笑

 

入退場にカードキーを利用するため、不正はできません。

 

 

写真撮影ができない

 

これは会員制のジムでは当たり前のことですが、都度利用で合同トレーニングといったら、写真撮影はつきものではないでしょうか?

 

ジムエリアはおろか、サブアリーナ自体が館内の撮影が禁止ですので、注意が必要です。

 

ということで、本日の写真撮影は外で行いましたよ〜

 

東京体育館

 

 

最後に…

 

今日一緒にトレーニングをした彼はまだ23歳のピチピチトレーニーでした。

 

こうしてこのサイトを通して色々な人に出会い、影響を与えられるのは大変嬉しいことだと感じます。

 

トレーニング後もお互いのこれからの目標を語り合い、とても有意義な時間を過ごすことができました。

 

あいにく私に飲み会の予定が入っていたので、ご飯は行けませんでしたが、是非大会が終わったらいきましょう!筋肉飯をごちそうします^^

 

来週のベストボディジャパン水戸大会に出場されるということなので、期待しています!!

 

 

友だち追加数

 

お気軽にメッセージお待ちしております^^

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. マレーシアのエビ釣りは最高の夜更かしスポットでもあり、デートスポット

  2. トレーニー必見!日本最安値でサプリメントを購入する方法

  3. GOLD’S GYM(ゴールドジム)を無料で利用する方法 〜直営店なら全店可能

  4. 激安! iHerb.com (アイハーブ) の使い方・購入方法を解説

  5. 意外と知らない “ゴールドジム” の年会費を “24%̶…

  6. 【NIKE.com (ナイキ)】の クーポン取得・利用方法を解説〜意外と知らない “5%…

  7. 結婚式の余興でお悩みのあなたへ 〜筋肉コンテストは最高に盛り上がるのでおすすめ〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


ボディメイクを中心に、ライフスタイルにおいてもカッコよく生きる情報を発信していきます^^

Author:TOMO

TOMO

はじめまして。
TOMOと申します!

トレーニングに目覚め、ガリガリボディからカッコイイからだを目指してトレーニング中

サマースタイルアワード2016 東京大会 優勝

サマースタイルアワード2016 全国大会 3位

詳しいプロフィールはこちら

人気の記事

PAGE TOP