おすすめ記事!

pitti uomo 2016 参加してみてわかった日本人のファッションがダサい3つの理由

 

今日は番外編として、

 

pitti uomo 2016 に参加してみて

わかった “日本人のファッションがダサい理由”

について私なりにまとめていきたいと思います。

 

『こいつ何言ってんだ?』

 

と思う部分もあると思いますが、

一個人の意見ですので、

 

その点を踏まえた上で読んで

いただけたらと思います 笑

 

 

PITTI IMMAGINE UOMO 2016 とは?

 

PITTI IMMAGINE UOMO

(通称:ピッティ・ウォモ) とは、

イタリアのフィレンツェで毎年2回

1月と6月に行われる世界最大級の

メンズファッション展示会です。

 

世界各国から有名バイヤーが揃う、

ファッションの祭典です!

 

日本からも有名百貨店(伊勢丹、阪急等)や

ユナイテッドアローズ、ビームス、

トゥモローと言ったセレクトショップの

バイヤーも参加しています。

 

では、本題の

日本人のファッションがダサい理由

について書きたいと思います。

 

1.体型

これをいっちゃーおしまい…

そう思う方もいると思いますが、

 

体型があってこそのファッション

だと思います。

 

特に、pittiに参加している人は

ジャケットとパンツスタイルが

多いため、

 

カラダのラインがすごくわかります。

 

その中で、

肩、腹、脚

 

この辺のバランスが間違いなく

外国の方と違います。

 

 

2.色使い

色合いが地味すぎます。

 

派手こそお洒落!っていうわけでは

ないですが、地味すぎます。

(私もですが…笑)

 

悪目立ちしすぎない感じが日本では

共感を得ますが、この空間では

違和感をおぼえます。

 

 

3.小物使い

外国人を意識して、

ハットを被っている

人を多く見かけました。

 

正直、ハットほど難しい

小物はないと感じます。

 

顔の形にあうハット選びができて

いない印象を受けます。

 

旬なスタイルを取り入れつつも、

サイジングには最新の注意を払わないと

いけないですね!

 

 

最後に…

 

今日はトレーニングではなく、

ファッションについて書いて

みました。

 

お洒落に対する考え方は

価値観がそれぞれあると思いますが、

 

身の丈にあったスタイルが

一番いいのではないでしょうか。

 

また、

『筋肉は一生ものの服』

 

ゴールドジムの看板に書かれていますが、

ほんとこれはまさにその通りだと感じます。

 

カラダがいいとどんな服を着ても

お洒落に見えますし、

 

逆にダルダルなカラダですと、

高級服を着ても映えません….

 

生涯ボディメイク!

 

これからも筋肉ファッションを

極めていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. Tシャツ一枚でも様になる “かっこいいカラダ” になるために重要な筋肉とは

  2. “お洒落は足元から” は筋トレ中でも言える! かっこいいシューズはパフォーマ…

  3. スニーカーマニアが送る…最強に “旬” で “かっこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


ボディメイクを中心に、ライフスタイルにおいてもカッコよく生きる情報を発信していきます^^

Author:TOMO

TOMO

はじめまして。
TOMOと申します!

トレーニングに目覚め、ガリガリボディからカッコイイからだを目指してトレーニング中

サマースタイルアワード2016 東京大会 優勝

サマースタイルアワード2016 全国大会 3位

詳しいプロフィールはこちら

人気の記事

PAGE TOP