注目の記事 PICK UP!

サマースタイルアワードの “規定ポーズ” が大幅に変更されている件

 

サマースタイルアワードのポージングが急遽変更となったようです。

 

詳しくはサマスタHP、YouTubeに載っていますが、今日は私なりの意見を書いてみたいと思います。

 

正直、コンテスト初参加の人は相当練習が必要でしょう!!

 

 

サマスタの規定ポーズ変更

 

2016年10月24日にHP,YouTubeチャンネル上で規定ポーズ変更が発表されています。

 

すでにポージングセミナーに参加された方は指導を受けたようです。

 

今回から規定ポーズ中にもムービングが適用され、回転する順番も右回りとなるようです。

 

詳しくは下記YouTubeチャンネルをご覧ください。

 

金子賢さんのポージング例を動画で確認することができます。
 
 
 

 
 
解説をすると、

 

1. フロントポーズ

約15秒間のポージングになります。

 

1度静止してから、5ポージング行っています。

ポージング間もスムーズに行い、ムービングをしています。

 

2. ターンライト

今までは『サイドポーズ』という掛け声の元、左回りでしたが、今回から、『ターンライト』という掛け声の元、左回りになるようです。

 

ポージングは約10秒間になります。

2ポージング行っています。

 

3. ターンバック

こちらも今までは『バックポーズ』という掛け声の元、左回りでしたが、今回から、『ターンバック』という掛け声の元、左回りになります。

 

ポージングは約15秒間になります。

4ポージング行っています。

 

4. ターンライト

こちらも2番と同様になります。

 

ポージングは約10秒間になります。

2ポージング行っています。

 

5. ターンフロント

こちらは1番と同様になります。

 

ポージングは約15秒間になります。

ポージングの最後に終了を表す決めポーズをしています。

 

ここからフリーポーズに移るようです。

 

 

私の感想

 

今回、規定ポーズの時間が長くなりますので、じっくりと審査されるでしょう。

 

一応、HPには “ムービングありの規定ポーズが好ましい” ということであり、審査対象にはならない と書かれています。

 

今後、海外コンテストを視野に入れたポージングに変更になった感じですね!

 

私としては、こうした筋肉を魅せる動きがより洗練されていくことにより、

 

 

筋肉 = 暑苦しい

 

筋肉 = 堅物(動けない)

 

 

こんなネガティブなイメージが払拭されていくのではないかと思っています。

 

 

筋肉 = カッコイイ

 

筋肉 = スタイリッシュ

 

 

また、単純にエンターテイメントとして観客側も楽しめそうです^^

 

 

金子賢さんをはじめ、サマスタメンバーが参加した韓国の大会の動画を観ると、筋肉だけではない “魅せ方” の部分も大変重要であるということがわかります。

 

トレーニングと同様に、カッコよく自分の筋肉を魅せる練習が必要でしょう。

 

審査対象ではないとは言え、自分の筋肉をより綺麗に魅せるためには、ポージングがとても重要です。

 

写真で見てバキバキの人でも、ポージングをすると魅力が半減してしまう人が多いのも事実です。

 

審査員はステージ上でポージングをする “あなた” を見て審査をします。

 

そのステージ上で一番最高のポージングができなければ、どんなにカラダが仕上がっていても負けてしまいます。

 

これは以前、ポージングセミナーに参加した際に金子賢さんから直々にお話いただいた内容です。

 

“あいつより良いカラダだと思うんだけどな….” という不満も出る時があるかもしれませんが、その場合は審査員への魅せ方に問題があるのでしょう。

 

そのくらい、僅差の場合はポージングが重要です。

 

今回の規定ポーズはムービングが取り入れられていますので、なおさら練習が必要でしょう。

 
 
まずは静止している状態でカッコイイ角度、得意な角度を見つけ、完璧にし、その後、ポージング間をよりスムーズに動ける足さばき、手の使い方、表情を練習していくのがベストだと思います。
 
 

言葉で書くのは難しいですが、通常の規定ポーズをマスターしている私でさえ、今回の規定ポーズは難しいと感じます。

 

まだ1週間ありますので、たくさん練習することをオススメいたします!

 

こちらの記事に初心者が犯しがちなポージングのミスをまとめてありますので、是非ご覧ください。

 

初心者が大会(コンテスト)で犯してしまうポージングのミス〜改善点とやり方を解説〜

 

 

最後に…

 

コンテストあるあるですが、

 

一度コンテストに出場すると、鏡を見るたびにポージングをしてしまいます。

 

服を着ていようが着ていまいが 笑

 

そうすることにより、自分の得意な角度、シルエットの魅せ方を勉強することができます。

 

弱点部位を隠すわけではないですが、角度を変えることにより、全然見え方が変わってきます。

 

選手の方は残りわずか、減量で辛い時期だとは思いますが、最高のパフォーマンスを楽しみにしております!!

 

いやーーー、今から観戦が楽しみだーー^^

 

 

関連記事

  1. Summer Style Award(サマースタイルアワード) YouTubeチャンネルがスタート!…

  2. サマースタイルアワード × ノービス大会 スタイリッシュガイ 173cm〜 結果まとめ

  3. サマースタイルアワード 2016 大阪大会 結果まとめ 【ビースティ 170〜176cm 編】

  4. Summer Style Award (サマースタイルアワード) 横浜大会チケット 販売開始!

  5. サマースタイルアワード 第二回 オフ会に参加しようか悩んだ結果…

  6. サマースタイルアワード オフ会BBQが人生史上 “一番最高な海” となったこ…

  7. 明日はサマースタイルアワードのオフ会〜金子賢さんに久々にお会いしてきます!

  8. サマースタイルアワード 2016 東京予選大会 レポート 〜決勝、表彰〜

  9. 初心者が大会(コンテスト)で犯してしまうポージングのミス〜改善点とやり方を解説〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Author:TOMO

TOMO

はじめまして。
TOMOと申します!

トレーニングに目覚め、ガリガリボディからカッコイイからだを目指してトレーニング中

サマースタイルアワード2016 東京大会 優勝

サマースタイルアワード2016 全国大会 3位

詳しいプロフィールはこちら

人気の記事