おすすめ記事!

減量中のハードトレーニングとコンテスト前の調整は同じくらい大切

 

今週は本格的な減量ウィークに設定しており、久々に1週間減量食で調整をしてきました。

 

その効果もあり、だいぶ絞ることもでき、後は大会前までいかにコンディションを上げていくかに専念していけそうです。

 

ただ、一点….

 

『絞ると細いな〜』というのが正直なところです…

 

特に、あれだけ重点的にやった肩や脚がどんどんと細くなっていきます….笑

 

これではイカン!ということで、今日も脚トレをしてきました!

 

 

脚トレは消費カロリーが半端ない

 

大会を目指して減量中の人は、脚のトレーニングをあまりやらないという人も実際に多いと思います。

 

実際、評価として脚が審査のメイン対象となることはなく、あくまで上半身の仕上がりが重要だからです。

 

ただ、私のように、有酸素をせず、食事制限だけでカラダを絞っていく場合、ある程度トレーニングの頻度や強度が必要となってきます。

(コンテストボディを目指さないのであれば、そこまでは必要ないですが…)

 

その場合、消費エネルギーという観点からすると、脚トレは一番筋肉量が多く、トレーニングするだけで多くのエネルギーを消費することができます。

 

意外に腹回りのお肉が落ちない人でも、下半身のトレーニングをすると、上半身がシェイプされてきます。

 

私自身も毎回、そのようにして絞りを最高に持っていきます。

 

シックスパックになりたければ腹筋運動よりスクワット!は間違いじゃないというお話

 

減量中はあと1レップがつらい…

 

下半身トレは消費カロリーが多い分、トレーニング中、一番エネルギー切れを起こしやすいのも事実です。

 

特にスクワットに関しては、減量中に扱う重量がグッと下がってしまう人も多いのではないでしょうか?

 

メンタルでは十分やる気がみなぎっているのにも関わらず、後1レップがきつい…

 

こういう状況をネガティブに捉えてしまい、ストレスに感じてしまうことは減量中、少なからずあると思います。

 

 

実は今週1週間(月〜金)まで、規則正しい減量食を心がけて生活をしていました。

 

すると、少しずつ絞れていきましたが、なんだか木曜日くらいから急に疲労感を感じるようになってきたのでした。

 

おそらく、炭水化物(糖質)の量が足りないためだと思います。

 

急激に炭水化物を減らしたり、抜いたりしているわけではありませんが、メインの炭水化物と一緒に食べるおかずを気をつけるだけで、思いの外、糖質が制限されていくものです。

 

その結果、今週は毎日トレーニングを行なっていたため、エネルギー切れを起こしたと考えられます。

 

ということで、今日は久々にプレワークアウトサプリを摂取してみました。

 

【CELLUCOR】C4 EXTREME プレワークアウトサプリの中毒性にご注意!

 

やはり顔や手足のピリピリ感(ベータアラニンフラッシュ)にはいまだ慣れないですが…

 

久しぶりの摂取ということもあり、効果が絶大でした!

 

もう1レップの踏ん張りがきく感じが ^^

 

大会までのハードトレーニング期間で、『今日は頑張りたい!』という時だけ摂取しようと思いました。

 

 

絞れてくるとハリがなくなる?

 

カラダを絞っていくと、ある程度、エネルギー不足が発生しますので、カラダのハリが失われます。

 

グリコーゲンの枯渇や、脂質不足による肌質の低下….

 

本来ならもっと上手く減量できる人もいるかもしれませんが、バッチリ決まる人はほとんどいないと思います。

 

自分のカラダを見て、食事を変え、トレーニングを変え、悩みながら人体実験をしていきます。

 

今の私は全体的にカラダが小さくなって、肌質もパリパリな感じです。

(お肌を守るために、保湿クリームを塗っていますが 笑)

 

 

『絞れているんだけれども、皮膚が簡単に引っ張れてしまう感じ』

 

 

これが今の私に一番しっくりくる表現です。

 

 

大会前の調整

 

今回、私が早々に減量を完成系に近づけたのは、カーボアップでカラダがどのようになるか、変化を見たかったからです。

 

先週も実は土日にNPCJの観戦に行き、終始大量の肉と炭水化物を摂取していました。

 

その夜、体重を測ってみると、2日間で 2kg程増えていました。

 

ただ、腹の内部から外に押し出されるような感じが、皮膚に張りをもたらし、大量の脂質の摂取により、潤いを感じることができたのでした。

 

この時、実はこれが大会前の調整に必要なのではないか?と感じたのです。

 

 

今までは大会前、カーボアップの名の元、基本に忠実なカーボローディングを行なっていました。

 

狙ったその日に筋肉を大きく見せるための3つのプロセス

 

絶対に失敗しないカーボローディングの食事メニュー

 

 

ただ、これはあくまでカラダの原理原則であって、人それぞれ反応は違います。

 

サマスタトップ選手の調整方法を聞くと、大会2日前から好きなものを食べる!であったり、塩抜き(ナトリウム抜き)はせず、あえてガンガンナトリウムを摂るという人までいました。

 

今回の大会はより筋肉のハリに重点をおいて、大会前の調整をおこなっていこうと決心しました。

 

決して、

 

 

『絞れているんだけれども、皮膚が簡単に引っ張れてしまう感じ』

 

 

この状態で出場するのはダメだと思っています。

 

 

減量が進み、絞れてきてはいますが、まだまだ自分のカラダは細いです。

 

細いながらもメリハリがあり、よりスタイリッシュに見える皮膚感を目指していきたいと思っています。

 

成功するか失敗するかというのは後からわかることで、きちんと準備したかどうか、トレーニングをするだけではなく、調整も重要なことではないかと思います。

 

 

カーボアップの楽しみ

 

というわけで、明日は思いっきりカーボアップをしてみたいと思います。

 

ただ、バナナや餅などで行なうのではなく、多少ジャンクな糖質も含めて、お肉も食べてたいと思っています。

 

ファットローディング

ビーフローディング

 

人のカラダって本当に面白いですね!

 

 

目標は先週のように、食べられるだけ食べることです。

そのメニューを記録し、カラダの状況がどうなるか?

 

今から実践するのが楽しみです〜

(食べるのが一番の楽しみですが 笑)

 

 

最後に…

 

今現在のカラダの状態はこんな感じです。

 

2016.5.27

 

絞れてる風ですが、お腹は余裕でつまめます 笑

 

そして私、腹直筋に一切、イナズマが走らないという….笑

まだまだ絞れますね!

 

 

また定期的に仕上がり写真を載せていきます^^

 

 

皆さんが減量中に心がけていること、実践していること、是非教えてください♪

 

また、中々減量がうまくいかず、カラダが絞れないという人も、是非お気軽にメッセージお待ちしております^^

 

 

友だち追加数

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. パセリ茶で減量(ダイエット)を加速!パセリの驚くべき健康効果とは

  2. 減量あれこれ…どんな食事をしていますか?の質問まとめ

  3. ダイエット(減量)は食事が重要 … 金子賢さんの食事から学んだこと

  4. 私の減量はいつだって “病気” から始まるということに気がついた

  5. 【効果的な飲み方はこれだ!】カーボブロッカーを飲めば痩せると思っている “口コミR…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


ボディメイクを中心に、ライフスタイルにおいてもカッコよく生きる情報を発信していきます^^

Author:TOMO

TOMO

はじめまして。
TOMOと申します!

トレーニングに目覚め、ガリガリボディからカッコイイからだを目指してトレーニング中

サマースタイルアワード2016 東京大会 優勝

サマースタイルアワード2016 全国大会 3位

詳しいプロフィールはこちら

人気の記事

PAGE TOP