おすすめ記事!

シックスパックになりたければ腹筋運動よりスクワット!は間違いじゃないというお話

 

よく聞く話しに、手っ取り早くお腹を引っ込ませ、腹筋を割りたければ、スクワットが効果的!というのを聞いたことがある人もいるかと思います。

 

もちろん、食事を見直すことも合わせて必要ですが、お腹を引き締め、さらにはシックスパックを手に入れるために最適なエクササイズ、それは “スクワット” であるというお話です。

 

特に筋肉量が少ない女性の方には是非取り入れていただきたいメニューです。

 

確実にカラダが変わっていくことが実感できると思います。

 

 

腹筋運動よりスクワットの方が効果的な理由

 

お腹の筋肉を鍛えるトレーニングとして一般的なのは、腹筋運動です。

 

よく部活でやった “シットアップ” が有名です。

 

シットアップ

 

もちろんこのトレーニングも有効ではあるのですが、腹筋が見えていない人や筋肉が少ない人は、この運動をいくらやっても、いっこうにお腹がすっきりすることはありません。

 

ジムに行くと、腹筋をしてから有酸素運動をしている人を多く見受けられます。

 

実は腹筋をスクワットに変更するだけで、より効率よくお腹の脂肪を落とすことができます。

 

スクワットは下半身をはじめ、腹圧をつかうため、腹筋も鍛えられます。

(一度にたくさんの筋肉を鍛えることができるキングオブエクササイズです)

 

腹筋に比べ、消費エネルギーも多く、基礎代謝アップにも繋がります。

 

人間は筋肉の7割が下半身です。

痩せやすい、代謝のいいカラダになるためには、下半身を鍛えるのが効果的です。

 

事実、同じ筋肉量を増やすためには、

 

腹筋500回 = スクワット15回

 

に匹敵すると言われています。

 

腹筋を500回するのは大変ですが、スクワットを正しいフォームで15回やるだけなら、そんなに時間がかかりません。

 

まだ運動習慣のない人は、自重で10回を5setやるだけで、翌日気持ちいいくらい筋肉痛になるでしょう 笑

 

 

スクワットすると脚が太くなる…

 

脚太る

 

 

よく、スクワットすると脚が太くなる…と思う方がいるかと思います。

安心してください…太くなりませんよ!笑

 

 

これはネタではなく、本当のことです。

 

そんな簡単に脚が太くなってしまったら、私…今頃ムキムキです。

 

 

脚にはたくさんの脂肪があります。

(特に女性はホルモンの関係で、男性よりも筋肉がつきにくく、脂肪が付きやすいです)

 

自重でスクワットをしているだけならば、脚は太くならず、先に脂肪が減っていきます。

 

もちろん体質的に脚に筋肉が付きやすい人、骨格がしっかりしていて、脚が太く見えてしまう人もいるかと思います。

 

そういう人もスクワットをすることにより、メリハリのある下半身になることができます。

 

女性も男性も、メリハリのある下半身は憧れますよね?

 

スクワットは、そんな憧れの下半身も手に入り、お腹もすっきりする、魔法のようなエクササイズです。

 

 

正しいフォームで行なうことが重要

 

スクワットは正しいフォームで行なうと、本当にキツイ種目です。

 

しっかりウェイトトレーニングしている男性でも好きな人は少ないでしょう…

 

それくらい先ほども書きましたが、消費カロリーも大きく、効果抜群です。

 

女性の方はこんな感じで無理の範囲から自重で行なうのが良いと思います。

 

 

よくあるスクワットとして、

 

・膝がつま先より前に出てしまっている

・腿が床と平行まで下がっていない

・上体が前のめりになっている

 

全てが間違いというわけではないですが、ケガをしたり、最大の効果を得ることができません。

 

動画を参考に、正しいフォームを習得することからはじめましょう!

トレーニングを全くしていない男性は、まずは女性と同じ、自重で行なうスクワットをマスターしてからをオススメいたします。

 

一度でもスクワットをしたことがある人は、こちらの動画を参考にするとベストです。

 

重量にこだわらず、まずはしっかりと上体をキープした状態で深くしゃがみこむことを意識すると、より下半身全体に刺激がいきます。

 

スクワットはたくさんのバリエーションがありますが、特に鍛えたい部位がない場合、このやり方が下半身全体に刺激が乗りますので、オススメです^^

 

 

重量にこだわりだすと、背中の筋肉に頼ってしまったり、しゃがみが浅くなってしまったりしてしまいます。

(バリエーションとして取り入れるのはいいと思います)

 

 

おまけ内容

 

スクワットヤバイ

 

 

以前、トレーニングベルトの記事を書きました。

 

筋トレにトレーニングベルトは必要? 失敗談から学ぶ “ベルト着用” の考え方

 

高級なベルト付けて、調子づいて高重量ばっかりやってたら、フォームがぐちゃぐちゃになり、終いにはケガをしてしまった…という内容です 笑

 

実はこの一件以降、スクワットの時にベルトを付けなくなりました。

 

扱える重量も落ちてしまったのですが、よりコアを意識するようになったため、実は、腹筋が筋肥大していることに気づきました。

 

もともと腹筋のボリュームがないのが悩みでしたが、明らかに去年よりもサイズが大きくなっています。

 

この冬、一切腹筋のトレーニングはしていません。

 

ベルトを巻かなかったことにより、常に腹圧をかける意識が身についたため、知らぬ間に腹筋にも高負荷な刺激が入っていたのだと思われます。

(デッドリフトもベルトを巻いていませんでした)

 

ベルトを巻くと、コアを固める(腹筋に力を入れる)ということはせず、逆に息をおもいっきり吐いて、ベルトとお腹の隙間を空気で埋めるような動作をします。

 

どちらの方がより腹筋に負荷がかかるかということはわかりませんが、経験的に自力でコアを固める方が腹筋が鍛えられと思っています。

 

シックスパックになりたければ腹筋運動よりスクワット!

 

腹筋のボリュームを増やす上でも、あながち間違いじゃないなーと感じた次第です。

 

ボディビルダーの人があまり腹筋のトレーニングをしないというもの頷けます。

 

 

最後に…

 

今日はお腹回りをすっきりさせる方法として、腹筋運動よりもスクワットが効果的!という内容について書いてみました。

 

腹筋も重要ですが、スクワットをすると、消費エネルギーの凄まじさに驚くと思います。

 

特にスクワット後は代謝が高まっていますので、脂肪の燃焼効率も上がります!

 

腹筋をしてから有酸素運動ではなく、スクワットをしてから有酸素運動というメニューに変えてみると、効果が現れるでしょう^^

 

 

夏はもうすぐそこです!

すっきりしたカラダでむかえたいものですね!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • コメント: 0

関連記事

  1. あなたの腹筋がいっこうに割れない3つの理由

  2. 4週間でぽっこりお腹を凹ませる “トレーニング” と “食事&#…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


ボディメイクを中心に、ライフスタイルにおいてもカッコよく生きる情報を発信していきます^^

Author:TOMO

TOMO

はじめまして。
TOMOと申します!

トレーニングに目覚め、ガリガリボディからカッコイイからだを目指してトレーニング中

サマースタイルアワード2016 東京大会 優勝

サマースタイルアワード2016 全国大会 3位

詳しいプロフィールはこちら

人気の記事

PAGE TOP