おすすめ記事!

筋トレの増量期(バルクアップ中)に気をつける “最も重要なこと” とは?

 

絶賛、僕の夏休み突入中のTOMOです〜

 

今日は人生で初めて “◯◯ン” に参加してきました。

 

ネタとして参加したので、機会があればレポートもしたいと思います^^

(需要が無いですかね〜笑)

 

その後、地元のお祭りに参加、サマスタ終了からひたすら夏を楽しんでいます。

 

さて雑談はここまでにして、今日はカラダを大きくする上で欠かせない、増量期について書きたいと思います。

 

 

筋トレにおける増量期(オフ)の位置づけ

 

夏も終盤、お盆をすぎると一気に夏ムードが下がって行く頃だと思います。

 

大会を控えている人以外は、これから秋、冬にかけてカラダを大きくするため、増量期に突入する人も出てくる時期です。

 

 

そもそもなぜ増量期を設けるのか?

 

知らない方もいると思いますので簡単に説明します。

 

 

筋肉を効率よく増やすためには常にカラダにエネルギーが充満されている必要があります。

 

そのため、たくさん食事をし、体重を増やしていきます。(エネルギー摂取)

 

こうすることにより、脂肪はカラダにある程度付きますが、筋肉も同時に増え、結果としてカラダを大きくすることができます。

 

逆に減量中はカラダにエネルギーが足りない状況ですので、いかに筋肉を落とさずに脂肪を落とすかに注力しなければなりません。

 

 

人によって増量が得意な人、減量が得意な人がいます。

 

体重をバンバン増やし、筋量も増やしやすい人

(ただ、減量が苦手でその過程として筋量を犠牲にせざるをえない人)

 

減量が得意で、食事制限だけで体脂肪を減らしていける人

(ただ、増量が苦手で増量期の筋量アップが少ない人)

 

 

私は断然後者で、減量は得意ですが増量は苦手です。

 

そこは人ぞれぞれ体質、生活習慣等々、、色々な要素が絡んできますので、ご自身で把握しておく必要があるでしょう。

 

 

増量中のあるあるネタ

 

まわりに “デカくなったね!”と言われる

 

増量中は減量中に比べ体重が増えますので、確実にカラダが大きくなります。

 

特に体重増加とともに筋肉も増えますが、脂肪も増えます。

 

脂肪は筋肉よりも体積が大きいですので、結果として体重増加以上のサイズ感に見られがちです。

 

そうするとどうなるか?

 

『俺、順調にバルクアップできてるわ〜♪』となります。

 

こうなると、気の緩みが発生し、トレーニングの質が落ちてしまうでしょう。

 

 

そんな言葉は話半分で受け止める

 

 

増量中は常に “自分基準” でいることが大切だと思っています。

 

今ではSNS等で簡単に人からの評価をもらうことができます。

 

裸の写真をアップすれば誰かしらから “デカくなりましたね!” と言われますし、実際、間違いなくデカくなっています。

(脂肪もついていますので)

 

 

私自身もSNSではデカくなっていると思えば、素直に『デカくなりましたね!』というコメントをしています。

 

 

そういった励ましの言葉をモチベーションにトレーニングを頑張れるタイプの人ならとても効果的だと思います。

 

ただ、先ほど書いたように、その言葉に安心してしまう人は注意が必要かもしれません。

 

 

あくまでまわりの人は “今現状のあなた” だけを見てそのように判断しています。

 

 

毎日トレーニングやカラダをチェックしてくれるパーソナルトレーナーの人以外、そのような言葉は話半分に受け止めると良いでしょう。

 

自分のカラダを一番見ているのは間違いなく “自分” です。

 

自分目線で何かバルクアップの “基準” を持つとよいと思います。

 

例:昨年のカラダ(写真)との比較、扱う重量の増加

 

 

あなたが付けたいのは脂肪ですか?筋肉ですか?

 

私は迷わず “筋肉” です。

 

ガリガリだったあの頃は痩せているのがコンプレックスでしたので、脂肪でも何でも構わずにカラダをデカくしたいと思っていました。

 

それはそれで間違っていなかったと思います。

 

ただ、今は本気でカラダを鍛えはじめ、ある程度かっこいいカラダの “フォルム” を形成することができてきた段階です。

 

ここから脂肪をガンガンつけて大きくするメリットは何もないと感じています。

 

太りにくい体質の人などは、ウェイトゲイナーのプロテインを飲むと、比較的無駄な脂肪を増やすことなく、手軽に増量することが可能です。

 

 

ウエイトゲイナーと言ったらこれっ!UP YOUR MASS(アップユアマス)

 

そしてここで今日の本題….

 

増量期(バルクアップ)で気をつける一番重要なことは、
 

『そのバルクアップ、本当に筋肉ですか?』

 

 

という自問自答を常に行うことだと思います。

 

 

これが、私が “増量→減量” を2回経験した上で感じたことです。

 

2回経験して、2回とも “自分の思っていた程” カラダを大きくできていません。

(あくまで自分の思惑とは違ったということで、カラダ自体は大きくなっています)

 

 

鍛えていない部位は筋肥大しない

 

鍛えていない部位はもちろんバルクアップ中であったとしても筋肉はつきません。

 

また、それに加え、鍛えている部位でも、増量に見合った強度、頻度、食事の質を確保できなければ、脂肪ばかり増え、筋肉は思うように増えてくれません。

 

 

そのいい例として、私の弱点の背中があります。

 

増量期には脂肪がのっていたため、背中に厚みがあると勘違いしていました。

 

前年から比べ、Vシェイプを意識しすぎたあまり、厚みには重きを置けていませんでした。

 

結果として、Vシェイプに関しては格段に進化できましたが、厚みに関してはまったくもって誤算でした。

 

TPU5

 

脂肪って怖いなーと….笑

 

戦友TOSHIKIと比較しても”厚み” の弱さは歴然だと感じます。

 

 

【注意して鍛えているつもりでも実はもっと大きな落とし穴がある】というパターンです。

 

 

対処法

 

こうならないために私がオススメする対処法をご紹介いたします。

 

今年はこの方法でトレーニングに励んでいきます。

 

それは、

 

【減量期の全身写真を常に確認しながらトレーニングを行う】

ということです。

 

 

極限まで減量しなければ得られない自分のカラダの弱点というのはたーーーーーくさんあります。

 

 

『あれ、ここにこんなに筋肉ついてたんだ!』

 

という場合もあれば、

 

 

『えっ、全然ここ筋肉ついてないやん!』

 

って場合もあります。

 

 

むしろほとんどが後者です。

 

 

それに加え、左右差、上下差、裏表差にアンバランス感が生じると、それはバランスの良いかっこいいカラダを目指してボディメイクしているとは言えません。

 

 

豹変ぶり

 

 

この写真を見てどう思いますか?

 

私は自分のカラダなので、あっ、こうなるのね!というのが納得できます。

 

 

ポイントは “大腿四頭筋(モモ)の太さ” です。

 

減量期とは比べ物にならないくらいサイズアップしています。

 

 

私の場合、減量を開始すると真っ先に下半身から脂肪がなくなっていきます。

 

逆に、体重が増えると、下半身に脂肪がのっていきます。

 

 

こうした自分だけの “気付き” がかっこいいカラダを目指してボディメイクする上では重要だと思っています。

 

自分のカラダは一番自分が知らなければいけません。

 

どこを重点的に鍛えなければいけないかというのは、日々自分のカラダを観察することからはじまると思っています。

 

 

まだ減量をしたことがない人は一度本気で減量してみることをオススメいたします。

 

その時の写真を “全身裏表” 綺麗に撮り、定期的に見るようにします。

 

そうすることで、減量中に感じた自分の弱点を写真とともに振り返ることができると思います。

 

間違った方向にいっていないか、軌道修正をすることができるでしょう。

 

 

最後に…

 

なんでこの記事を書いたのかというと…

 

数日前の海で “背中がデカイ” と褒められたのでした。

 

実際、私は背中が弱点でしたので、コンテスト前は背中ばかり鍛えていました。

 

その結果が実りだしたのかな?と嬉しくなり、写真を撮ってもらうことにしました。

 

 

◯ 8/14 * この3日間遊び倒したお陰で得られるものがたくさんあった * * 特に昨日は刺激的 * * 極限までデカくなろうと思ってやらないと、結局カラダなんて変わらない! * + 脂肪をバルクと勘違いしてた去年… * 今年は同じことを繰り返さないようにトレーニングレベルも上げなきゃな〜 * #筋トレ #ジム #GYM #トレーニング #ウェイト#肉体改造 #筋肉 #マッチョ #ボディメイク#WORKOUT #サマースタイルアワード #SSA #サマスタ #summerstyleaward #フィジーク #back #背中 #脂肪ののった背中ほど勘違いしやすい #絞ったら厚みなし #重量もどんどん上げてこう #さてとジムへ行こう

tomoさん(@tomo140402)が投稿した写真 –


 
 
もう脳天ぶち抜かれましたね…

 

 

『去年の俺と同じやん!』と…

 

 

背中の脂肪を厚みと勘違いしていた去年の増量期

 

 

今年はそんな過ちをおかす前に気づけてよかったです^^

 

(※完璧にはいきませんので、また違った過ちをおかすのでしょうが…笑)

 

 

筋力とともに、カラダも大きくしていきますよーー!!

 

 
 
何かご質問、ご依頼等がある場合はラインまでご連絡ください^^

100%私が返信させていただきます。

 

友だち追加数

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. カラダは見た目が大切!と言いますが…. 増量期は “数値” も…

  2. ガリガリでお悩みのあなたへ!簡単に太れる魔法のサプリをご紹介

  3. 筋肉を大きくする “増量期” にむけての方針がブレブレな件

  4. 安心してください、成長してますよ 〜来年が楽しみで仕方ない〜

  5. 増量期を終えて…食事メニューのおさらいと減量期にむけての食事計画

  6. ハードゲイナーが意識しなければいけない食事のあれこれ

  7. 増量中のトレーニングメニュー&食事 (10月25日の生活まとめ)

  8. ガリガリでお悩みのあなたへ!太る仕組みを大解剖

  9. ガリガリでお悩みのあなたへ!太る仕組みを大解剖 ②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


ボディメイクを中心に、ライフスタイルにおいてもカッコよく生きる情報を発信していきます^^

Author:TOMO

TOMO

はじめまして。
TOMOと申します!

トレーニングに目覚め、ガリガリボディからカッコイイからだを目指してトレーニング中

サマースタイルアワード2016 東京大会 優勝

サマースタイルアワード2016 全国大会 3位

詳しいプロフィールはこちら

人気の記事

PAGE TOP