おすすめ記事!

筋トレをする人が “ブロッコリー” を食べるべきたった一つの理由

 

トレーニングをしている人って、野菜はブロッコリーばかりを食べてるイメージがないですか?

 

実は、それにはきちんとした理由があります。

 

私も毎日欠かさず 100g以上 は食べていますので、もうなくてはならない存在です。

 

そんなブロッコリーについて今日は熱く語ってみたいと思います。

 

 

ブロッコリーを選ぶべきたった一つの理由

 

ズバリ、

 

『筋肉を付ける上での栄養バランスが一番いいから!』

 

です!

 

 

野菜ってたくさん種類がありますが、それぞれ良し悪しがあります。

 

ビタミンAは多いけど、カルシウムが少なかったり、その逆も然り…

根菜類に関しては炭水化物もたくさん含まれてしまっています。

 

また、栄養価は高いけど、そんなに量を食べられるわけじゃないため、実質摂取できる栄養素は少くなってしまう野菜もたくさんあります…

(例:しそ、クレソン、パセリ等)

 

私達がよく口にする “きゅうり”“なす”  “レタス” といった野菜は、ほとんど水分で、主だった栄養素がありません。

 

本当なら色々な種類の野菜を満遍なく摂取するのがベストですが、一人暮らしの人や、料理にあまり時間を割けない人は難しいでしょう。

 

そんな人にオススメなのが 【ブロッコリー】なのです!

 

 

ブロッコリーの栄養素

 
ブロッコリー
 
 
ブロッコリーは特に下記の栄養素が豊富に含まれています。

 

  • ・タンパク質
  • ・ビタミンC
  • ・ビタミンB群
  • ・カルシウム
  • ・マグネシウム

 

 

栄養価
タンパク質4.3 g
食物繊維4.4 mg
ビタミンB10.14 mg
ビタミンB20.2 mg
ビタミンB60.12 mg
ビタミンC120 mg
カルシウム38 mg
マグネシウム26 mg

(※100gあたり)

 

 

タンパク質

ブロッコリーは緑黄色野菜の中でタンパク質の量が一番多いです。

 

野菜のタンパク質はアミノ酸スコアが大幅に落ちますが、ブロッコロー野菜の中ではNo.1ですので、比較的バランスの良いタンパク質を摂取することが可能です。

 

※アミノ酸スコアとは、必須アミノ酸の含有比率を評価する値

(値が高い方がバランスが良い)

 

微々たるのもですが、高タンパクなのは気持ち的にも嬉しくなりますよね 笑

 

 

ビタミンC

ブロッコリーにはレモンの1.2倍ものビタミンCが含まれています。

 

ビタミンCの一日の推奨摂取量が “100mg” ですので、1日100g のブロッコリーを食べれば、十分に満たすことが可能です。

 

ビタミンCには疲労回復の効果があります。

 

その理由はビタミンCがストレス抵抗を高めたり、血流の悪化を防止したり、疲労回復に効果を発揮する他の栄養素の吸収を大幅にアップさせる効果があるからです。

 

日々トレーニングに励む人にとって、疲労回復効果は大変重要です。

 

また、美容効果もありますので、肌にハリをもたらせてくれます。

 

カラダを焼いている人はシミやシワが増えやすいですので、積極的にビタミンCを摂る必要があります。

 

 

ビタミンB群

ビタミンB群は筋肉の働きにとって欠かせない栄養素です。

 

ビタミンB1は炭水化物(糖質)の分解を助けますので、不足するとエネルギー転換がうまくいかず、脚がつったり、痙攣が起こす可能性がでてきます。

 

ビタミンB2は脂質の代謝を促す働きがありますので、ダイエットや減量中の人にはもってこいです。

 

ビタミンB6は筋肉の合成に一番重要なビタミンです。

タンパク質をアミノ酸に分解する酵素として大変重要な働きをします。

不足するといくらタンパク質をたくさん摂取して筋肉が合成されていかず、無駄になってしまいます。

 

 

以上のことから、ビタミンB群はタンパク質と同じくらい重要な栄養素です。

 

 

食物繊維

食物繊維はカロリーは含みませんが、難消化性のため、より時間をかけて消化されます。

その結果、血糖値を上げずにエネルギーレベルを維持することができます。

 

また、整腸作用もありますので、お通じが良くなり、アミノ酸の吸収効率が上がります。

 

 

カルシウム

カルシウムは骨や歯の成分として大変重要なミネラルです。

 

カルシウムが不足すると、骨がスカスカになり、折れやすくなったり、骨粗しょう症の原因になります。

 

日々重いウェイトを扱っている人は、痛みは無くとも知らぬうちに関節を中心とした骨に負担がかかっています。

ケガ防止のためにもカルシウムは欠かさず摂取する必要があります。

 

また、カルシウムは神経を安定させる効果もありますので、イライラを解消してくれます。

 

ストレスは筋肉にとって大敵ですので、これまたカルシウムの摂取は重要です。

 

 

マグネシウム

マグネシウムはタンパク質の合成やエネルギー代謝、筋肉の収縮、血糖値の調整等々、筋肉を付ける上で必要な栄養素です。

 

また、先ほど筋肉を付ける上でタンパク質と同じくらい重要な栄養素はビタミンB群と説明しましたが、そのビタミンB群の中のB1を保持する働きもあります。

 

ビタミンB群は水溶性のため、体内でもすぐに浸透し、排出されてしまうので、保持が難しい栄養素ですが、マグネシウムを摂取することにより、それを保持してくれるんですね!

 

ブロッコリーを食べることにより、ビタミンB群とマグネシウムが両方摂取できますので、効果的だということがわかると思います。

 

 

その他の嬉しい効果

 

テストステロン高める

 

ブロッコリーには、女性ホルモンであるエストロゲンの働きを抑える効果がある、”インドール- 3-カルビノール(I3C)”と”インドリルメタン”が豊富に含まれています。

 

エストロゲンは “筋肉の発達を妨げ”、”脂肪の蓄積” や “むくみ” といったトレーニーにとって良くない効果をもらたします。

(女性が筋トレをしてもそう簡単に筋肉が付かないのも、エストロゲンの働きが男性よりも強いためです)

 

 

エストロゲンの働きを抑えるということは、逆に男性ホルモンであるテストステロンの働きを促進する方向に働くと考えられますんで、大変ありがたいことです。

 

→ テストステロンの分泌量を自然に増やす “6つ” の方法

 

 

食べ方

 

ブロッコリーは熱を加えると栄養素が落ちてしまいます。

 

一番いい方法は新鮮な物を買ってきて、生で食べるのが一番です。

 

その際、やはり生のブロッコリーは固いので、小さく(細かく) 切る必要があります。

 

クックパッド等で生ブロッコリーの料理を検索すると、沢山出てきますので、一度見てみるといいかもしれません^^

 

生ブロッコリー茎のオリーブオイルだけ和え

このメニューなんかはオリーブオイルをかけるだけですのでとてもヘルシーで、栄養満点の”茎”の歯ごたえと一緒においしく食べられると思います。

 
 
生はどうしてもって方は2〜3分軽く茹でてから食べるようにするといいでしょう。

(ちなみに、私も切ってサッと茹でたものを食べています 笑)

 

もう究極に面倒くさい!って人は、小さいプロッコリーを手で3等分にして、朝、昼、晩にまるごとかぶりつきましょう!!

(トレーニングしている人はテストステロン強めなので、ワイルド食いも様になります)
 
ノンオイルドレッシングなどをかければ、案外美味しくヘルシーに食べられますので^^
 
 
それと、保存料などを気にしない人であれば、冷凍のブロッコリーもオススメです。
金額も安いですし、何より、自然解凍もできて、小さく切ってあります。
 
 

ブロ冷凍

 
 
200g で180円程ですし、実際に栄養素もそれほど落ちていません。

 
お弁当にもぴったりですね^^
 

 

最後に…

 

トレーニングするようになって、確実に料理をする機会が増えました。

 

自分の口に入れるものですし、カラダを作る元ですので、料理が苦手な人も挑戦してみるといいと思います。

 

その第一歩として、ブロッコリーを調理してやりましょう!

 

 

 

『野菜に迷ったらとりあえずブロッコリーを喰え!』

 

 
 
この言葉は間違いないでしょう^^

 

これからもオススメの食材や料理をご紹介していきます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 筋トレ後にエネルギー補給に最適な12の食事

  2. イタリア、イギリスに行ってみてわかったヨーロッパの食事情

  3. 今話題の “筋肉食堂” で、減量中の二人がたらふく食べた結果 ……

  4. チートデイでダイエット(減量)成功! 効果的なカロリー摂取方法とは?

  5. 減量中(ダイエット)の空腹感を紛らわすためにおすすめな “3つの食べ物”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 1月 17日

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


ボディメイクを中心に、ライフスタイルにおいてもカッコよく生きる情報を発信していきます^^

Author:TOMO

TOMO

はじめまして。
TOMOと申します!

トレーニングに目覚め、ガリガリボディからカッコイイからだを目指してトレーニング中

サマースタイルアワード2016 東京大会 優勝

サマースタイルアワード2016 全国大会 3位

詳しいプロフィールはこちら

人気の記事

PAGE TOP