おすすめ記事!

チートデイでダイエット(減量)成功! 効果的なカロリー摂取方法とは?

 

トレーニングをしている人、減量をしている人なら一度は聞いたことがあると思います。

 

“チートデイ”

 

チート、チートと良く言われます。

 

今日はそんなチートデイについて、実体験に基づき、詳しく解説していきたいと思います。

 

誤ったチートを行なうと、逆効果となってしまいますので、注意する必要があります。

 

 

チートデイとは?

 

チートデイってなに?

 

チートデイとは、ダイエット(減量)を効率よく行なうためのテクニックです。

 

英語では “Cheat Day” といい、直訳すると “騙す日” となります。

 

何を騙すかと言うと、“カラダの代謝の働き” を騙してあげます。

 

 

ダイエット(減量)で食事制限を行っていると、

 

摂取カロリー < 消費カロリー

 

このような関係になるように食事を調整していくと思います。

 

 

すると、カラダが段々と少ない摂取カロリーでも生活できるよに適応していってしまうんですよね…

(これは人間の防衛本能の一種で、飢餓状態で生き延びるための重要な働きです)

 

 

これが起きるとどうなるか…

 

ダイエットの “停滞期” に陥ります。

 

今まで順調に体重や体脂肪が落ちていたのに、急に落ちにくくなってしまう現象が起こります。

 

 

これを防ぐために、定期的にハイカロリーな食事をし、代謝が落ちないようにサポートしてあげる日を設けてあげます。

 

これが “チートデイ” です。

 

簡単に言うと、ハイカロリーな食事をすることにより、カラダが 『もっと頑張って消費しないと!』という、以前の代謝状態に戻ろうとするように仕向けるための方法です。

 

 

間違ったチートデイの考え方

 

チート間違い

 

 

これを聞いて、ダイエット(減量)をしている人は定期的にチートデーをしていいんだ!と思いこみ、効果が出ていないのにも関わらず行ってしまう人がいます。

 

チートデイ ≠ 沢山食べていい日

 

ではありません。

 

 

あくまで体重や体脂肪の変動が停滞している時に、カラダを騙してあげるからこそ、チートデイという名前がついています。

 

よって、ダイエット(減量)初心者が “チートデイ” という言葉を知ったからと言って、はじめから週に1回チートデイを組み込んでダイエット(減量)を始めるのはオススメしません。

 

少しずつでもいいので、食事制限をし、体重や体脂肪が減る感覚を掴んでから行なうべきだと思います。

 

いきなり厳しい食事制限は続きません。

 

まずは、日頃飲んでいるジュースをお茶に変えるであったり、3時のおやつをやめるであったり….

 

少しずつでも食生活を見直せば、チートデーを行わなくてもある程度までは体重や体脂肪は落ちます。

 

食べ物や運動習慣の見直しがきちんと行った後で、チートデーの検討をするべきだと思います。

 

 

メンタル面でのチートデイ

 

メンタルチート

 

 

チートデイは代謝の機能を騙してあげるだけでなく、メンタル面でも潤いをもたらしてくれます。

 

痩せやすい体質(太りにくい体質) の人はむしろこちらの方が効果としては大きいと個人的に感じます。

 

 

具体的に解説すると、痩せやすい人は実は体重を減らすのは簡単だったりします。

 

ただ、私を含め、ガリガリで悩んでいた人はそれは嬉しくも何ともないんですよね…

(ガリガリに戻っちゃうだけですので…)

 

ではどうしたいかと言うと、

 

いかに 『筋肉量を減らさずに体脂肪を減らせるか!』これに命を懸けないといけないのです 笑

 

痩せやすい人(太りにくい人)は太りやすい人に比べ、少食の人も多いですし、実際、気をつけていないとどんどん痩せていきます。

(筋肉量もガンガン落ちます)

 

それを防ぐため、時には食べたくもないタイミングでタンパク質を摂取しなければいけないこともあります。

 

私も『胸肉このタイミングで食べるくらいなら、何も食べなくていいや!』ということも多々あります 笑

 

それでも、適切なタイミングで栄養を注入し、筋肉量を守り、少しずつ脂肪をそぎ落としていく…

 

痩せやすい人は違う意味で神経を遣います。

 

 

でも、人間ですので、ラーメンが食べたい!

パスタが食べたい!

 

 

食が細いながらも食に対する欲望はあります。

 

それを満たすのが、メンタル面でのチートデイだと思っています。

 

 

現に私自身、チートデイをした後は気持ちを切り替えることができ、翌日以降、食事、サプリメントに気をつけて生活ができますし、減量のストレスがすっ飛びます 笑

 

トレーニングもチートデイの翌日はパワフルに行えますし、カラダの張りも全然違います。

 

私にとっては、息切れすることなく、コンテストや目標に着実に近づけていける重要な要素となっています。

 

 

チートデイのやり方(食事内容、摂取カロリー、頻度)

 

方法チート

 

 

チートデイを行なう際の食事メニュー、摂取カロリー、頻度に決まりはありません。

 

これも人それぞれの体質、体型、生活習慣によって、大きく変わってくるからです。

 

食事だけでダイエットをしている人と、食事と運動でダイエットをしている人で、食事内容が違うのと同じです。

 

ただ、目安としては、下記のように言われています。

 

 

食事内容

糖質制限のダイエット(減量)を行っている人は、炭水化物(糖質)が多く含まれた食事を、脂質制限のダイエット(減量)を行っている人は、脂質が多く含まれた食事をすると、効果的です。

 

これも人によって合う合わないがありますので、ご自身のカラダで試してみて、翌日以降のカラダの反応(体重、体脂肪の減少)が一番良い食事メニューを見つけるのが良いと思います。

 

ちなみに私は、糖質を制限しながら減量していますので、炭水化物を中心に摂取します。

また、先ほども書いた通り、メンタル面でのチートデイの側面が大きいので、できるだけ、食べたいものを優先することが多いです。

 

減量中はパスタはほとんど食べないので、毎回パスタが多い気がします 笑

 

摂取カロリー

普段の食事の 1.5〜2倍体重 × 40kcal と言われています。

 

中途半端なチートデイは正直カラダを騙せませんので、思い切り行いましょう!

 

また、昼だけや夜だけ等、片寄った食事摂取よりは、1日を通して行った方が代謝機能としてのチートは効果的です。

 

頻度

最後にチートデイを行なう頻度です。

 

これは1週間に1回や10日に1回が一般的です。

 

また、見た目(体脂肪率)の目安としては、

 

  • ★男性★ (女性は+2〜5%)
  • 25%以上・・・チートデイ必要なし
  • 20%前後・・・2週間に1度
  • 15%前後・・・10日に1度
  • 10%前後・・・7日に1度
  • 8%以下  ・・・3〜7日に1度

 

あくまでこれは目安ですので、代謝機能のチートデイという意味では、きちんとご自身で記録を付け、停滞期と思われる時期に行なうのが効果的です。

 

特に、8%以下からさらに体脂肪率を下げる場合、ご自身にあった方法を見つけることが、一番の減量を成功させる秘訣だと思っています。

 

 

注意点のおさらい

 

注意チート

 

普段の食事制限が基本

普段から食事制限をしてダイエット(減量)をしている人ではないと、効果はまったくありません。

ただ暴食して、太るだけです。

 

中途半端に食べない

チートデイと決めたら、ドカッとすっきりするまで食べた方が良いです。

ご飯の量を少し多くする…や、食後にデザート食べる…等では、チートデイにはなりません。

 

ダイエット(減量)中だと気が引ける気もしますが、勇気を持って行いましょう。

むしろ、普段の食事をきちっと管理できている人は、チートデイが楽しみになると思います。

 

連日行わない

チートデイは連日行っても脂肪が増えるだけで、代謝レベルの改善に効果は薄いです。

 

節制していた胃腸にも負担をかけ、消化不良等の別な問題が発生するリスクもありますので、1日だけと決め、翌日以降は切り替える必要があります。

 

 

最後に…

 

今日はチートデイについて解説してみました。

 

効果的にチートデイを取り入れることにより、より効率よく、ストレスなくダイエット(減量)を行なうことが可能です。

 

食事も人生の中で立派な楽しみの一つですので、キリキリに切り詰めて生活するのではなく、たまには羽目をはずして楽しむのもいいかと私は思います。

 

もちろん、コンテスト前はきちんと調整しますが、人生何ごとも楽しまないと!笑

 

 

皆さんのチートデイが充実することを祈っています♪

 

 

是非私にもチートデイの誘惑を聞かせてください。

 

友だち追加数

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. イタリア、イギリスに行ってみてわかったヨーロッパの食事情

  2. 筋トレ後にエネルギー補給に最適な12の食事

  3. 今話題の “筋肉食堂” で、減量中の二人がたらふく食べた結果 ……

  4. 減量中(ダイエット)の空腹感を紛らわすためにおすすめな “3つの食べ物”

  5. 筋トレをする人が “ブロッコリー” を食べるべきたった一つの理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


ボディメイクを中心に、ライフスタイルにおいてもカッコよく生きる情報を発信していきます^^

Author:TOMO

TOMO

はじめまして。
TOMOと申します!

トレーニングに目覚め、ガリガリボディからカッコイイからだを目指してトレーニング中

サマースタイルアワード2016 東京大会 優勝

サマースタイルアワード2016 全国大会 3位

詳しいプロフィールはこちら

人気の記事

PAGE TOP