おすすめ記事!

究極のホームジム “TITAN EQUIPMENT” の器具(マシン)が凄すぎて本気で欲しくなった水曜の夜

※出典:http://www.titan-gyms.com/best-home-gyms

 

仕事の合間、いつものように気になるYouTubeをチェックしていると、広告欄にびっくりするようなホームジムを紹介するムービーが流れてきました。

 

そのホームジムメーカーは “TITAN EQUIPMENT” です。

 

もはやホームジムの域を完全に超えていましたので、今日はご紹介したいと思います。

 

 

ホームジムについての考え

 

私は基本、家ではほぼトレーニングをしない派です。

 

大会にむけてトレーニングをしている時は、空いた隙間時間でよくトレーニングを行っていましたが、今は家ではまったくトレーニングをしていません。

 

やはり、モチベーションと共に、環境というのも重要であると私は思います。

 

準備して気合いの入るウェアを着て、ジムでガンガン追い込む!

 

この流れが1日の中でリフレッシュできる時間ですし、意外と好きだったりします。

 

そう言いながら、私の夢として、ホームジムを持つというものがあります。

 

 

私自身、定住という考えがないため、近い将来は厳しいかな…と思いながらも、家の一室が完全なトレーニングルームとなっており、一緒に過ごす家族達とトレーニングする環境が欲しいと思っています。

(まずは結婚してマイホームを持たないとですが 笑)

 

色々と調べながら、好きなマシン、器具を選んで買うのが楽しみで仕方ないです^^

 

そんな中、海外のホームジム器具で、すごい物を見つけました。

 

私は初めて知ったのですが、紹介動画を食い入るように観てしまいました 笑

 

それくらいカッコよく、トレーニング好きの人はワクワクしてしまうと思います。

 

 

TITAN ホームジム

 

まずはこちらの動画をご覧ください。
 
 

 
 
この動画を観ると、ホームジムの域を超えていることがわかります。

 

普通の家にはまず置けないであろうデカさ!笑

 

これ1台あれば全てのトレーニングが可能です。

 

しかも結構コアなトレーニングもできそうですね!

 

 

この動画を観るとインパクトが強すぎて、メリットばかりがインプットされてしまいます。

 

 

実際に使用してみると、デメリットがあるのだと思いますが….

 

 

工学部出身のメカ好きとしては、このガチャガチャしたロボットみたいな機械がなんとも魅力的に感じます。

 

ラックにかかっているプレートを見る限り、使用重量も一般家庭用のラックと比べ物にならないくらい頑丈にできていそうです。

 

 

気になるお値段は…

 

こんなデカイマシン、めちゃくちゃ高いだろ!と思ったのですが、HPを調べると、そこまで高くないことがわかりました!

 

TITAN ネットショップHP

 

TITAN T1 – X

先ほど動画でご紹介したモデルは、

 

【TITAN T1-X】というモデルです。

 

これがTITANの一番押しだして販売しているモデルです。

 

titan-t1-xtitan-t1-x-1titan-t1-x-3titan-t1-x-2

※出典:https://buy.titan-gyms.com/international/titan-gyms/3-titan-t1-x-5905669397018.html


 

 

こちらは主に一人で使用する用の装置ですね!

 

上半身、下半身、全身をこれ一台でトレーニング可能です。

 

 

お値段は….

 

$7,500(税抜)が現在セールで “$6,000(税抜)” となっています。

 

$1 = 103円(2016年10月20日現在) で計算すると、“618,000円(税抜)” です。

 

 

高いですが、この設備を考えれば、意外と安い!と感じませんか??

 

私はそう感じました。

 

ホームジムでも、高重量を扱えるラック等々揃えたら、数十万してしまいますので、一気に購入できて、統一感のある装置を購入できると考えれば、全然許容範囲のお値段だと思います。

 

 

TITAN T3 – X

TITAN T1-Xをさらに拡大させた内容なのが、

 

【TITAN T3-X】というモデルです。

 

titan-t3-x-1 titan-t3-x-2 titan-t3-x-3 titan-t3-x

※出典:https://buy.titan-gyms.com/international/titan-gyms/7-titan-t3-x-5905669397032.html

 

 

一度に複数人がトレーニングできる、もはや夢のマシンです。

 

 

お値段は最上級モデルということで…

 

$9,500(税抜)が現在セール価格で、“$7,750(税抜)” という感じです。

 

$1 = 103円(2016年10月20日現在) で計算すると、“798,250円(税抜)” です。

 

 

ジムにこれ一台だけ準備すれば、全て事足りてしまいそうです。

 

話題性もありますし、パーソナルジムにいかがでしょうか?

 

 

TITAN M1

TITANの中で一番の廉価版グレードの商品で、

 

【TITAN M1】というモデルです。

 

titan-m1 titan-m1-2 titan-m1-1 titan-m1-3

マシンの構造、動画のトレーニング風景を見る限り、セーフティバーの設定やラックの高さ調整機能が充実していないため、基本、ケーブルを使用する比較的ライトユーザー向けのマシンです。

 

金額も、

 

$3,750(税抜)が現在セール価格で、“$3,000(税抜)” という感じです。

$1 = 103円(2016年10月20日現在) で計算すると、“309,000円(税抜)” です。

 

 

ご自身でセーフティバーの追加等、不十分な部分を追加すれば、十分に全身鍛えられるモデルだと思います。

 

ただ、迫力のある門構えがないモデルですので、TITANのマシンという感じがないのが残念ですね…

 

 

購入時の注意点

 

ウェイト、アタッチメント類はオプション

肝心なウェイトのプレートやアレンジを効かせたトレーニングをする際に使用するアタッチメント類は別売りとなっています。

 

あくまで各モデルとも “門構えだけ” の販売です。

 

TXシリーズ追加のオプション一覧

Mシリーズ追加のオプション一覧

 

 

ちなみに、TXシリーズのオプションを全て購入すると、$2,899.91 となり、日本円で約30万円になります。

(Mシリーズのオプションを全部購入すると、$1697.94となり、日本円で約17.5万円です)

 

 

さらに、ウェイト、バーを購入するとなると、

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-6-05-53

 

 

まともにトレーニングできる重量を揃えたら、20万くらいはすると思います。

 

 

少しオプションビジネスな気もしないでもないですが…

 

“TITAN” 製の装置を買っておいて、付属品を別ブランドにするのはどうなんだろう…なんて変なこだわりが出てきてしまいます 笑

 

送料が未知数

 

商品ページには、価格に輸送費が含まれていると書かれているのですが、HPの方には例としてブラジルまでの輸送コストの例が載っています 笑

 

ポーランドの工場からブラジルまでの輸送で$500、港から転送手数料が$300です。

 

それに加え関税、消費税が課されます。

 

船便ですので、3週間〜6週間程かかる模様です。

 

送料に関しては実際に注文する際に問い合わせをしないと、価格に含まれているのか、別途かかってしまうのか、不明です。

 

とにかく、欲しい人はメールをくれ!と書かれていますので、ネットショップからの注文ができません 笑

 

また、設置して自力で組み立てるのは難しいと思いますので、その辺も相談が必要でしょう。

 

 

まとめ…

 

オプションが意外と高いため、全てTITAN製のアイテムで揃えようとすると、商品代金にプラスで50万円くらいかかるでしょう。

 

また、送料、関税、消費税、設置費が不明確ですので、プラスで20〜30万は見ておいた方がいいですね!

 

そう考えると…

 

T1-X で 約140万円、T3-X で 約160万円、M1 で約120万円 くらいでしょう。

 

 

最後に…

 

夢のホームジムを究極にかっこいい “TITAN EQUIPMENT” で揃えるのはいつになることやら…

 

どうせマイホームに購入するなら、ごちゃごちゃと色々なブランドのマシンを購入するより、この装置1台の方がスマートでカッコイイ気がします。

(あくまで、マイホーム買ってからの話ですよ 笑)

 

もし、これ、日本で誰か持っているよ!って方がいたら、是非ご連絡お待ちしております^^

 

本気で見にいきたいです 笑

 

友だち追加数

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. ホームトレーニーにオススメな【可変式ダンベル】のメリット・デメリットをレビュー

  2. コンテスト当日に持っていくべきオススメのグッズ3選

  3. オススメのアジャスタブル(可変式)ダンベルが販売中止に…今君は何を選ぶ? 〜商品比較と購…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


ボディメイクを中心に、ライフスタイルにおいてもカッコよく生きる情報を発信していきます^^

Author:TOMO

TOMO

はじめまして。
TOMOと申します!

トレーニングに目覚め、ガリガリボディからカッコイイからだを目指してトレーニング中

サマースタイルアワード2016 東京大会 優勝

サマースタイルアワード2016 全国大会 3位

詳しいプロフィールはこちら

人気の記事

PAGE TOP