おすすめ記事!

サマースタイルアワード 事前セミナーに参加してわかったこと

8月13日(木)に開催されたサマースタイルアワード

事前セミナーに参加してきました。

 

一時は参加も危ぶまれましたが、、、

無事に追加枠で参加することができました!↓↓

 

ポージングセミナーに参加できる!?

 

今日はその内容をレポートしたいと思います。

 

セミナー内容

 

1.金子賢さんからのお話
2.ステージ上での段取りについて
3.ウォーキングについて
4.ポージングについて
5.質疑応答

 

1.金子賢さんからのお話

大会を開催した経緯

日本にはボディビルの大会はあっても、

カッコイイカラダを競う大会は少ない。

 

それならば自分で作ってしまおうと考え、

各関係者のご協力の元、開催を決めたようです。

 

この行動力が本当に素晴らしいですよね♪

日本中にフィットネスの文化を浸透させよう

している姿勢に共感します。

 

参加者に本当に敬意を評し、

感謝をしているのが印象的でした。

 

各部門ごとの違い

今回のサマースタイルアワードですが、

・Best Style 部門

・Stylish Guy 部門

この2種類があります。

 

Best Style 部門

Best Style 部門はさらに

身長別で

1.〜168cm以下

2.169〜175cm

3.176cm以上

この3部門に分かれています。

 

この部門の特徴をざっくり言うと、

 

“熟成された肉体の人が参加する部門”

 

そんなニュアンスを感じました。

 

金子賢さん自身もあまり具体的に部門の特徴を

言ってしまうと、

 

私には無理だな…と思ってしまう人が出てきてしまうとの

ことで、自分なりにこの部門の意味合いを感じとって、

応募してほしいとのことでした。

 

ベストスタイル168

ベストスタイル176~

ベストスタイル169

Stylish Guy 部門

Stylish Guy部門は年齢制限があり、

18歳〜34歳までとなります。

 

金子賢さんが事あるごとに言っている

 

“若い世代にフィットネス文化を!”

 

この想いを感じる部門となっています。

 

胸や腕は年輪みたいなものなので、

大きくするのには時間がかかる。

 

だから、筋肉の大きさではなく、

あくまでも“バランス”“しっかり割れた腹筋”

重視するとおっしゃっていました。

 

参加人数も “96名” と多いので、

大会でも盛り上がることが予想されます。

 

スタイリッシュガイ

 

2.ステージ上での段取りについて

各部門とも予選と決勝の2部となります。

ここでは予選、決勝の流れについての説明がりました。

 

予選

 

予選Zウォーキング

 

 

向かって右端の人から順番に、

 

ステージの左端で1ポーズ(5秒)

その後、

ステージの右端で1ポーズ(5秒)

 

合計 2ポーズ

 

終わり次第、最初に並んでいた場所の後ろに

扇型に並ぶとのことでした。

 

基本、司会進行役の方が

順番にエントリーNo.を読み上げてくれるので、

それに従って Zウォーキングをするような形です。

 

フリーポーズは1ポーズと言われましたが、

5秒以内であれば2ポーズくらいしても大丈夫なようです。

ただし、あくまでも筋肉を見せるためのポージングですので、

しっかりと停止することが基本です。

 

1組何名で行うかは聞き忘れました…

 

決勝

 

決勝ウォーキング

 

決勝はなんと合計 “6ポーズ” 行います。

各所2ポーズずつ、1ポーズ5秒という流れです。

 

同じ組み合わせのポーズを3箇所行ってもいいですし、

6ポーズ全て違うポーズを行ってもOKです!

 

ここはもう決勝の舞台ですので、

何でもありでしょう 笑

 

3.ウォーキングについて

まずはじめに、金子賢さんによる実演が行われました。

 

ポイントは本当に数点

  1. 1.胸を張り過ぎない
  2. 2.下を向かない
  3. 3.ゆっくりと歩く

 

カラダのデカさを主張するあまり、

極端に胸を張ったり、猫背になってしまったり

することがないようにと言われました。

 

あとは、緊張すると歩くスピードが早くなりがちなので、

ゆったりと肩の力を抜き、リラックスして

歩くことが重要と説明を受けました。

 

あくまで筋肉を見せるための競技ですので、

あまりにひどいウォーキングではない限り、

減点等はないようです。

 

4.ポージングについて

ポージングも同様にして、

はじめに金子賢さんによる実演が行われました。

 

こちらもポイントは数点

  1. 1.ボディビルダーのようなポージングはしない
  2.   (ダブルバイセップス等)
  3. 2.観客に見えやすい方向にむけてポージングする
  4. 3.しっかりと止まり、筋肉を見せる

 

筋肉の大きさを競う大会(ボディービル)とは差別化したい

という想いが強いようです。

この点はフリーポーズをする上で一番重要なようです。

 

また、せっかくのポージングも審査員や観客に見えにくい場合、

正当な評価がしにくいのも確かです。

 

ポージングの際のアピールも、

誰にむけて行っているのかをしっかりと頭に入れて

当日はポーズを行う必要があります。

 

5.質疑応答

この頃には金子賢さんはじめ、

参加者の皆さんがリラックスした状態であったため、

ざっくばらんに質問をして、回答をいただきました。

 

その質問でわかったことを箇条書きにします。

  • ・当日は控室にバナナが300本とドリンクがある
  • ・控室とトレーニング室が別れていて、そこそこ広い
  • ・当日はケータイのカメラのみ撮影OK
  • ・今回の募集人数は約500人
  • ・デニム審査はベルトをしなくてもよい
  • ・水着の下はインナーを着なくてもよい
  • ・参加者で大会を観戦したい場合、開いている席に座ってよい

 

まとめ

今回、初めてこういった大会のセミナーに参加してみて、

当日の流れを頭の中だけでなく、実際に実演することにより、

把握することができました。

 

ポージングに課題あり….

 

と言うより、

 

フリーポーズはまったく考えていなかったため、

早く自分のストロングポイントを強調できる

ポーズをみつけなければ…

 

最後にあるお方(何と地元がたまたま同じだった方)の

ありがたい質問のおかげで、金子賢さんとツーショット

撮ることができました!

 

それだけでも大変感激、大満足のセミナーでしたが、

 

当日いい結果が出せるよう、

残り数日、ポージングの練習をしたいと思います!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 今日はサマスタ忘年会に参加!! のはずが….

  2. Summer Style Award (サマースタイルアワード) 2016 女性(レディース)部門の…

  3. エンターテイメントとしても最適!サマースタイルアワード観戦のすすめ

  4. サマースタイルアワード × ノービス大会 ヘラクレス&レジェンドの結果

  5. サマースタイルアワード × ノービス大会 スタイリッシュガイ 173cm〜 結果まとめ

  6. 絶対に失敗しないカーボローディングの食事メニュー

  7. 合同トレーニングからのサマスタセミナーからの筋肉食堂 … 筋肉ずくめな1日について

  8. 明日はサマースタイルアワードのオフ会〜金子賢さんに久々にお会いしてきます!

  9. コンテストウィークを終えて〜サマスタ名古屋、ベストボディさいたまの結果を見た感想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


ボディメイクを中心に、ライフスタイルにおいてもカッコよく生きる情報を発信していきます^^

Author:TOMO

TOMO

はじめまして。
TOMOと申します!

トレーニングに目覚め、ガリガリボディからカッコイイからだを目指してトレーニング中

サマースタイルアワード2016 東京大会 優勝

サマースタイルアワード2016 全国大会 3位

詳しいプロフィールはこちら

人気の記事

PAGE TOP