おすすめ記事!

筋トレをしている人にグルタミンは必須です!非必須アミノ酸がもたらす効果とは!?

 

健康のために筋トレをしているのに、なぜか免疫力が低下していて風邪を引きやすくなった…

 

日々カラダを鍛え、トレーニングに励む人には必ず起こりうる問題です。

 

私も以前までは、

 

トレーニングをする → 体力がついて風邪をひきにくくなる

 

このように思っていました。

 

ただ、これは、半分正解であって、半分間違いなんですよね….

 

 

総合的に体力は向上し、無理ができるカラダにはなりますが、カラダの免疫力は低下した状態にあることがほとんどです。

 

そんな人には “グルタミン” の摂取をオススメいたします!

 

 

グルタミンとは?

 

グルタミンとは

 

グルタミンとは、アミノ酸の一種で、筋肉中にある遊離アミノ酸の 約60% を占めています。

 

非必須アミノ酸ですが、その中でも以下に説明する通り、様々な要素に使われ、足りなくなることが多いアミノ酸ですので、“準必須アミノ酸” とも言われています。

 

 

  1. ※補足※
  2. 必須アミノ酸:体内では合成されず、必ず食物から補給しなければならないもの
  3. 非必須アミノ酸:体内で合成できるが、様々な働きがあるため、摂取したいアミノ酸

 

 

では、なぜ20種類あるアミノ酸の中で、グルタミンが多いのかというと、体内でエネルギー代謝に重要な役割を果たしているからです。

 

 

グルタミンの主な効果

 

免疫機能の維持、向上

グルタミンといったらこれが一番効果として大きいと感じます。

 

実際、グルタミンは生体維持に重要な『免疫細胞』『消化管粘膜細胞』のエネルギー源として使用されます。

 

よって、体調維持や体調不良による食欲不振の際に、効率よくカラダにエネルギーを満たす重要なアミノ酸です。

 

事実、私も数日前に風邪を引き、2日間死んでいたのですが…

 

医者に処方された薬よりもグルタミンの方が回復が早いと感じました。

 

筋トレに唯一必要なのは健康なカラダ!風邪を引いてわかったサプリメントの重要性

 

トレーニングを日々ハードに行っている人は、筋肉中のグルタミン量が大幅に減少していることがほとんどですので、常に満タンにしてあげることを心がけないと、風邪などの病気のリスクが高まります。

 

 

また、通常エネルギー源としては、グリコーゲン(パンやご飯など)がメインですが、このグルタミンは病気やケガ、長時間運動、ハードな筋トレ等、カラダに強い負荷がかかる場面ではエネルギー源としても全身に供給される、機能性アミノ酸として知られています。

 

 

ということは、トレーニングしている人、トレーニングして風邪を引いた人(私のように)にとっては、ある意味一番効果がある “薬” のようなものなのです!

 

 

医者で処方される “ロキソニン” は痛み止め、解熱効果もあり、体調が良くなったように感じますが、カラダを根本から改善するような薬ではありません。

 

明らかにグルタミンを摂取したことにより、体調が回復してきたように思えます。

 

グルタミンの特徴は、『今必要な場所に効く!』ということです。

 

脚トレをしたら脚、ケガをしたら患部、お酒を飲めば肝臓と…

 

健康なカラダから少しでもマイナスになる要素があれば、そこに集中的に効いてくれます。

 

 

筋肉の分解抑制

激しいトレーニングをした後、病気、ケガでカラダにストレスがかかった時、グルタミンは大量に消費されます。

 

グルタミンが消費され、足りなくなると、筋肉を分解してグルタミンを供給し始めます。

(よく言われるカタボリックというやつです)

 

特にグルタミンは筋肉中に含まれる割合が大きいですので、適切に補給してあげることにより、筋肉が失われるのを防ぐことができます。

 

体調が悪く寝たきりの場合でも、グルタミンさえきちんと摂取しておけば、筋肉の減少を最小限に食い止めることができます。

 

医療機関では、筋肉維持のため、術後の点滴にグルタミンを添加することもあります。

 

 

成長ホルモンの分泌を促進

グルタミンは基本、”守り” の要素が多いアミノ酸ですが、成長ホルモンの分泌促進にも効果があります。

 

成長ホルモンは筋肉の合成に欠かせないホルモンですので、この分泌が促されることにより、より筋肉が付きやすい状態にすることが可能です。

 

 

グルタミンの摂取方法

 

トレーニング後に消費したグルタミンを補充する目的で、摂取するのが一般的です。

 

ただ、少量だとグルタミンは小腸のエネルギー源に使われてしまうため、最低でも1回で “5g” 以上は摂取する必要があります。

 

摂り過ぎて脂肪が付くというようなものではないので、少し多めの “6〜10g” くらい摂取するのがオススメです。

 

 

また、トレーニング後だけではなく、就寝前も成長ホルモンの分泌促進や1日消費したグルタミンを補充するという意味合いからも、摂取すると良いでしょう。

 

風邪の時や体調が優れない時は、起床後も含め、いつも以上にグルタミンを摂取するよう心がけると、回復が早くなります。

 

 

オススメのグルタミン

 

グルタミンはBCAA同様、ケチらず沢山摂取するのが基本ですので、”コスパ” を重視する方が良いと思います。

 

L-グルタミン単体ですと、プロテインのように成分云々は関係ないですので^^

 

グルタミンJARROW

【Jarrow Formulas】L-グルタミン 1000g

 

 

1日2回、1回 8g 摂取すると仮定すると、

 

毎日飲んでもこの値段で約2ヶ月持ちます。

 

月2000円で風邪予防をできるのでしたら、安いもんですね!

(医者にかかったら3000円くらいしますので)

 

@LINEでも、グルタミンいいですよ!というメッセージを何名かにいただきました。

 

それだけトレーニーにとってはプロテイン、BCAAと並んで欠かせない物という感じがします。

 

 

グルタミン本グルタミン成分中身グルタミン

 

さらさらしたパウダーでBCAAのような感じです。

 

風邪薬のような味がしますので、気になる人は何かと混ぜて飲むと良いかもしれません。

(比較的溶けやすいので、水でも飲みやすいです)

 

私はトレーニング後も就寝前もプロテインに入れて飲んでいます。

 

 

 

この商品も海外製のため、Amazonで購入するより、iHerb の方がお安く購入することができます。

(プライム対象外の商品のため、即日配送というAmazonのメリットもありあせんし)

 

 

iHerb の詳しい購入方法はこちらをご覧ください ↓↓

激安! iHerb.com (アイハーブ) の使い方・購入方法を解説

 

最後に…

 

実は私、グルタミンは購入した時こそ毎日飲んでいたものの…

 

最近はめんどくさくて飲んでいませんでした 笑

 

プロテインとBCAA そして毎日の食事で精一杯になっていました。

(出張も多いので余計持ち運びが億劫でした)

 

ただ、今回風邪を引いた時にグルタミンを再度摂取してみたのですが…

 

 

グルタミンこそ神の粉や!!!

 

 

と感じました。

(興奮のあまり関西弁です 笑)

 

 

これからはサボらず、かかさずに摂取しようと思います!

 

だって…風邪引くとほんとツラいですもの….

 

トレーニングをしている人や肉体労働している人は摂取すると元気に過ごせると思います^^

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


ボディメイクを中心に、ライフスタイルにおいてもカッコよく生きる情報を発信していきます^^

Author:TOMO

TOMO

はじめまして。
TOMOと申します!

トレーニングに目覚め、ガリガリボディからカッコイイからだを目指してトレーニング中

サマースタイルアワード2016 東京大会 優勝

サマースタイルアワード2016 全国大会 3位

詳しいプロフィールはこちら

人気の記事

PAGE TOP