おすすめ記事!

私が思う 発達していると超絶カッコいい筋肉 “ベスト5 “

 

今日は私が思う、

 

発達していると超絶カッコいい筋肉

 

“ベスト5”

 

について語ってみたいと思います。

 

それぞれ筋肉の部位に

 

”フェチ” があると思います。

 

あくまでも個人的な考えですので、

賛同していただける方がいたら…

 

超絶嬉しいです!笑

(超絶って言葉流行ってるんですかね?

最近よく聞きます)

 

 

第 5 位 大腿四頭筋

 

大腿四頭筋は

・大腿直筋

・内側広筋

・外側広筋

・中間広筋

 

この4つの筋肉で構成されています。

 

大腿四頭筋

 

 

特に、脚の付け根から外側に張り出す

“外側広筋” は大腿四頭筋の中でも一番大きな

筋肉です。

 

ここが発達している人は、

きちんとトレーニングをしている人ですし、

大腿四頭筋が強い方が多いです。

 

鍛える方法は

膝を伸展する際、つま先を内側に捻ること

により、ピンポイントで刺激を与えることが

可能です。

 

レッグエクステンションが特に有効です。

 

 

第 4 位 大臀筋

 

腰の下(脊柱起立筋下部)から大臀部にかけての

立ち上がりにセクシーさを感じます。

 

これは女性はもちろんのこと、

男性でもいえることでしょう。

 

女性がヒップアップのために

お尻のトレーニングをするよに、

 

男性もきちんと鍛え上げられた

プリプリのお尻は美しく感じます。

 

大臀筋

 

実はこの大臀筋

 

単一の筋肉の中では

“一番大きな筋肉”

です。

 

おそらく、スクワットやレッグプレスを

やっている人は特に ”大臀筋” 単体を狙った

トレーニングをしていないのではないでしょうか?

 

中々やっている人を見かけませんが、

この “ヒップスラスト” というトレーニングは

高重量を扱えるため、大臀筋に強い刺激を

入れることが可能です。

 

 

私も以前やってみましたが、

次の日、お尻に感じたことのない

筋肉痛を味わいました 笑

 

オススメです。

 

 

第 3 位  僧帽筋 (下部)

 

広く分厚い背中は男の憧れですよね!

 

自分では見えない部位ですので、

きちんと鍛えてあると、男性にも

女性にもポイント高いと思います^^

 

その中でも私は広背筋ではなく、

“僧帽筋下部” がカッコいいポイント

だと思っています。

 

僧帽筋下部

 

横から見た時、

僧帽筋下部が発達していると、

厚みを感じることができます。

 

胸が発達していても、

僧帽筋下部が弱い場合、

横からのシルエットが

バランス悪く見えてしまいます…

 

とにかく肩甲骨を寄せて

背中を収縮させることにより、

僧帽筋下部が発達していくでしょう!

 

 

第 2 位  三角筋

 

ベストボディジャパンに出るまで

ノーマークであった筋肉です….笑

 

三角筋は上半身のシルエット形成に

かなり重要な部位です。

 

肩幅があると、それだけで

逆三角形のカラダを作ることが可能です。

 

三角

 

三角筋は

・前部

・中部

・下部

 

に分かれているため、

全て満遍なく鍛えることが、

まん丸なメロン肩を作る秘訣です。

 

以前こちらの記事で書きましたが、

ベストボディジャパンで上位入賞を

狙うのであれば、必ず鍛えておくべき

部位になります。

 

ベストボディジャパンで入賞するために鍛えておくべき “3つ” の部位とは?

 

 

第 1 位  腓腹筋

 

これは本当に私の個人的な

 

“フェチ” です 笑

 

夏にハーフパンツから見える

ふくらはぎ が超絶カッコいいという…

 

 

腓腹筋

腓腹筋には

・外側頭

・内側頭

 

この2つをバランスよく鍛える必要があります。

 

ふくらはぎの筋肉については

並々ならぬ拘り、情熱がありますので、

また別の記事にて書く予定です 笑

 

ふくらはぎの特性上、人によっては

そう簡単に筋肥大させるのが

難しい部位ですので、

 

隠れ “ふくらはぎフェチ” の人も

いると思います。

 

 

まとめ

 

個人的にカッコいいと思う

筋肉 “ベスト5” をまとめてみました。

 

いかがだったでしょうか?

 

それぞれ好きな部位は違うと思いますが、

私の場合、自分の弱点部位がランキング

に入っています。

 

やはり、自分にないものはカッコよく

見えますよね!

 

是非皆さんのカッコいいと思う筋肉

ベスト5を教えていただけたらと思います!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. ダイエット(減量)中に筋肉を付けることは可能か?筋肥大と除脂肪のメカニズムから考える

  2. テストステロンの分泌量を自然に増やす “6つ” の方法

  3. トレーニングの質を劇的にあげる ”○○” をする習慣

  4. 弱点部位の強化でかっこいいカラダに!筋トレでバランスの良いカラダを手に入れよう

  5. 筋トレにおける “高重量トレーニング” の メリット・デメリット 〜TOMO…

  6. 初心者が筋トレを始める前に知っておくべき “3つ” のポイント

  7. 鍛えている部位を意識できるようになると、どんなトレーニングでも応用できる

  8. 理想のカラダは逃げない。逃げるのはいつも自分。〜弱点部位の原因と対策〜

  9. 筋トレを1日2回するのってどうなの? ダブルスプリットトレーニングについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


ボディメイクを中心に、ライフスタイルにおいてもカッコよく生きる情報を発信していきます^^

Author:TOMO

TOMO

はじめまして。
TOMOと申します!

トレーニングに目覚め、ガリガリボディからカッコイイからだを目指してトレーニング中

サマースタイルアワード2016 東京大会 優勝

サマースタイルアワード2016 全国大会 3位

詳しいプロフィールはこちら

人気の記事

PAGE TOP