おすすめ記事!

“頑張れ!” は逆効果なのか!? … 応援がもたらす効果とやり方

 

最近、コンテスト観戦を何度もしていますが、選手に与える “応援” の効果は絶大だと感じていいます。

 

ただ一人でステージに立ち、誰にも応援されないでいるより、大きな声援を浴びた方がリラックスでき、パワーを発揮することができるでしょう。

 

何より、人から注目を浴び、応援されるということは、とても気持ち良いことだと思います。

 

今日はその “応援” というテーマについて、以前テレビで行なっていた実験をご紹介する形で、応援がもたらす効果とやり方について解説していきます。

 

 

実験1. 応援は本当に効果があるのか?

 

効果あり

 

応援の力は選手に本当に効果があるのかどうかの実験です。

 

応援する対象を2パターン取り上げ、それぞれについてどのような効果があったのかを検証しています。

 

野球バージョン

プロ野球の試合終了後、お立ち台のインタビューで選手が、『皆さんの応援のおかげで』という言葉を発する人が多いと思います。

 

そこで、実際に野球をする時に応援のあるなしで結果がどのように変わるか、実験がされました。

 

 

お台は、

 

『バッティングセンターの上級者モードで20球中何球バットに当てられるのか?』

 

これを応援の “ある”、”なし” の場合で比較しています。

 

 

結果は…

 

応援なしの場合:15球

 

応援ありの場合:11球

 

なんと、応援なしの場合の方が成績が良いという結果になりました。

 

 

マラソンバージョン

長距離走ではどのような効果があるのか?

 

 

お台は、

 

『ランニングマシーンで10分間走ってもらい、どのくらいの距離を走ることができるのか?』

 

これを応援の “ある”、”なし” の場合で比較しています。

 

 

まず、最初に応援なしで10分間走ってもらいます。

 

その後、続けざまにもう一本10分間走ってください!と非情な宣告をします。

 

2本目の時は、ランナーも嫌々な様子でしたが、女性応援団の黄色い声援に後押しされたのか、走り始めました。

 

 

結果は…

 

途中で止まってしまったりしたものの、2本目の方が記録がアップしたのでした!

 

 

結論

応援はマラソンや水泳など、体力や精神力に関わる競技に関しては効果がありますが、ここぞ!の一発勝負が重要な、野球バッターボックスやゴルフのショットの時は、逆効果になってしまうことがあるようです。

 

ただ、野球やゴルフでも、バッターボックスに入る前やショットのルーティンに入る前など、重要な局面以外での応援は気分を高揚させ、いい効果があるようです。

 

 

実験2. 頑張れ!は効果的なのか?

 

頑張れ効果的

 

応援する際になんと声をかけますか?と聞かれたら….

 

『頑張れ!』が一般的ですよね!

 

 

ただ、最新のスポーツ心理学の研究では、励ましではなく、褒める応援が効果的ということで、注目を集めています。

そこで実験

 

『バンジージャンプをどれだけ早い時間で飛べるか?』

 

これを、『ガンバレ~』の応援の場合と、『かっこいい〜』の応援の場合とで比較しています。

 

 

結果は…

 

『ガンバレ~』:9分39秒

 

『かっこいい〜』:2分33秒

 

 

実は、すでに極限の状態まで自分を追い込み、頑張っている人に対して『ガンバレ~』と応援しても、軽々しく思われ、逆に『すでに頑張ってるよ!』とった感情を抱き、逆効果になってしまう場合があるそうです。

 

一方、『かっこいい〜』や『ナイスプレー』といった褒める言葉の場合、相手が安心して前向きな気持ちになることができ、良い結果に繋がりやすいとのことでした。

 

 

結論

『ガンバレ~』と応援するよりも、『かっこいい〜』や『ナイスプレー』といった “褒める応援” の方が選手が前向きな気持ちになり、リラックスして挑めるようです。

 

コンテストの応援はまさにこれで、あちこちで『◯◯番 かっこいいよ〜』といった声援が飛んでいます。

 

これは実に理にかなった応援ということがわかります。

 

 

最後に…

 

あなたはどんな時に心から人を応援したくなりますか?

 

私は ”とにかく一生懸命頑張っている人” を応援したくなります。

 

 

頑張っている対象は何でもいいのです!

 

中途半端な気持ちではなく、がむしゃらに頑張っている人を見ると、応援したくなりますし、パワーをもらえます。

 

私がコンテストの応援に行ったのも、パワーをもらいに行ったという理由が大きいです。

 

あと3週間でコンテストを迎えますが、応援してくれている人、実際に会場に応援に来てくれる人のためにも、今全力でトレーニングに励みたいと思います。

 

私もこのサイトやコンテストを通して、少しでもパワーを与えられる人間になれるよう、精一杯努力していきます!

 

 

友だち追加数

 

LINE@ やっています!

 

皆さんからのご質問、ご要望をどしどしメッセージお待ちしております。

(100%私自身が返信させていただきます)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. トレーニングに集中できない理由…それは “◯◯” 不足が最大の原…

  2. 筋トレが仕事(ビジネス)にもたらす “5つ” のメリットとは

  3. おすすめなトレーニング情報サイト 【xfit】をご紹介 〜中級者以上向け〜

  4. 海外でジムを10分の1の価格で利用するための裏技

  5. リンパマッサージでむくみ解消! 〜減量(ダイエット)中にパリッと張り付いた皮膚感に仕上げる方法〜

  6. “モハメド・アリ” を学べば自信が生まれる〜モハメド・アリの常識、教えます

  7. ツルツルなお肌を目指して! 永久脱毛のメリット・デメリットをご紹介

  8. 理想のカラダは “James Liss” 筋トレしている男性が目指すべき筋肉…

  9. “筋肉” にお酒(アルコール)はNG!でも、飲むんだったら糖質が低いものを&…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


ボディメイクを中心に、ライフスタイルにおいてもカッコよく生きる情報を発信していきます^^

Author:TOMO

TOMO

はじめまして。
TOMOと申します!

トレーニングに目覚め、ガリガリボディからカッコイイからだを目指してトレーニング中

サマースタイルアワード2016 東京大会 優勝

サマースタイルアワード2016 全国大会 3位

詳しいプロフィールはこちら

人気の記事

PAGE TOP