おすすめ記事!

減量(ダイエット)を成功させたい方はまず、現状の “◯◯” と “◯◯” を把握することから

 

夏に向けて減量(ダイエット)をすでにスタートしている人もいると思います。

 

ジムに通い始めたり、食事を減らしたり…

 

私はよく、痩せるためにはどうしたらいいですか?

バキバキに絞ったことがないのですが、どうしてそんなことできるのですか?

 

こういった質問を問い合わせでただいたり、ジムで聞かれたりします。

 

私は決まってこう答えます。

 

『ご自身の現状の食事をどの程度把握していますか?』と…

 

 

今日はこれから減量(ダイエット)を始める方にむけて、スタートする第一歩としての考え方をご紹介いたします。

 

何から始めればわからない!という方は是非参考にしていただけたらと思います^^

 

 

現状の食事メニューを把握する

 

食事管理

 

どの程度把握していなければいけないか?というルールはありませんが、最低限、トレーニングしている方は、

 

タンパク質、脂質炭、炭水化物

 

この三大栄養素を “おおよそ” どのくらい摂取しているのかを知っていると、増量、減量の目安にしやすいと思います。

 

特に運動等はしていなく、ダイエットを目的の方は、炭水化物の量くらいは把握しておくと、今後の減量の計画が立てやすいです。

(食事だけのダイエットはリバウンドしやすいカラダとなりますので、運動も合わせて行うことをオススメします)

 

完璧に把握する必要はありません。

ただ、慣れてくると、感覚的に把握できるようになってきます。

 

それまでは毎日食事メニューを記録するのも手だと思います。

 

レコーディングダイエットというものが流行りましたが、個人的にはとても理にかなった方法だと思っています。

 

1日の三大栄養素の摂取量がわかれば、1日のカロリーがわかります。

 

タンパク質 1g = 4kcal

脂質 1g = 9kcal

炭水化物 = 4kcl

 

たとえば、1日に

 

タンパク質:180g

脂質:60g

炭水化物:300g

 

を摂取した場合、

 

180g × 4 + 60g × 9 + 300g × 4 = 2460kcal

 

になります。

 

このように、多少出っ込み引っ込みがあっても、1週間トータルして、1日平均だいたいどのくらいカロリーを摂取しているのか?

 

これを把握すると、無理な減量(ダイエット)とならず、徐々に絞っていくことが可能です。

 

↓ こういったものを使用すると、簡単に管理することが可能です。

 

 

 

体重管理も必要

 

体重管理

 

 

現状の食事が把握できたら、次に、体重の変移を知る必要があります。

 

カロリーだけでは太る、痩せるの判断ができません。

 

体質的に太りやすい人、痩せやすい人、摂取カロリーに占めるPFCバランスが悪い人 等々…

 

 

大切なのは、現状の食事で “体重が増えているのか?” それとも “減っているのか?” もしくは、“停滞しているのか?” ということです。

 

おそらく、この記事を見ている人のほとんどが、減量(ダイエット)をしたい!という方ですので、“体重が増えている” という人がほとんどだと思います。

(もちろん、増量期から減量期に切り替える人もいると思いますが)

 

減量(ダイエット)を始める方は少なくとも1週間の “食事メニュー”“体重” の変移を把握しておくとスムーズに食事の見直しができますね!

 

私はトレーニング記録と一緒に、このアプリを使用して毎日体重も管理しています。

→ おすすめ!筋トレ 管理・記録アプリ をご紹介

 

 

次にやること (重要)

 

減量(ダイエット)が失敗してしまう人によくあることとして、無理な食事制限が挙げられます。

 

急激に食事制限をして、体重を落とすことができても、また食事を元に戻すとリバウンドしてしまうというデメリットの方が大きいです。

(運動をしていない人はほぼこの現象がおきます)

 

『よし!ダイエットだから夕飯抜き!』

 

こんな感じのやつですね…

 

これはまず逆効果ですので、考えを改める必要があります。

 

まずは先ほどの食事メニュー、体重推移を元に、無理のない食事のメニューを決める必要があります。

(目標の体型にもりよりますが、減量(ダイエット)は2〜3ヶ月での効果を見越して計画を立てす)

 

 

減量(ダイエット)開始の最初の1週間は、 1日のトータル摂取カロリーの 10%減】 で様子を見るといいでしょう。

 

そして、その摂取カロリーを10%減らす成分は 【炭水化物(糖質)だけ】 にします。

 

私が自分の中で 必勝パターンとして持っているのが、炭水化物(糖質)管理による方法です。

 

具体的には、メインの炭水化物(糖質)量を断続的に減らしていき、自分のカラダの反応をみて、減らす量を管理していきます。

 

ここからは摂取カロリーはあくまで管理に使用するだけであり、そこまで重要ではありません。

 

自分のカラダで、今までよりも ◯◯g 炭水化物(糖質) を減らすと、どのくらい体重が変化するかどうかが重要です

 

この方法の一番のメリットが“管理が楽”ということです。

 

普段の食事は変えずに、炭水化物(糖質)の量をコントロールしていく。

 

しかも最初は1日の総摂取カロリーを10%だけ減らすだけですので、やってみるとわかりますが、全く苦ではないです。

 

 

例として、

 

1日の総摂取カロリーが 2460kcal だとすると、

 

2460kcal × 0.1 = 246kcal

 

1日 246kcal を炭水化物(糖質)で減らすだけでOKです。

 

246kcal ÷ 4kcal(1g当りの炭水化物のカロリー) = 約60g

 

炭水化物(糖質)60gはご飯(白米)1杯(160g)に含まれている炭水化物の量です。

 

 

お米

 

 

おかずや飲み物は今のままで、ご飯(白米) 1杯を1日のうちで減らしていくだけで、少しずつ痩せていきます。

 

減らす時にポイントが、活動が少なくなる時間帯の量を減らすということです。

 

寝る前最後の食事の炭水化物(糖質)を減らすようにします。

 

たとえば、朝食は変わらず、昼食に60g、夕食に100g減らす。

 

 

どのくらい痩せていくかは、減量(ダイエット)を始める前の食事メニューと体重推移の関係や体質によって様々ですが、少なからず、1週間このメニューを続ければ、何かしらの変化が見えてくると思います。

 

もし変化が見えない人は、圧倒的に生活が不規則な人か、本当に痩せにくい人です。

 

その場合は個別にメニューを考える必要があります。

 

 

体重(体脂肪率)が減った人は、このまま翌週も同じメニューを続けます。

もし変化が無かった人や、もう少しペースを早めたい人は、減らす摂取カロリーを10%から20%にするなど、適宜調整します。

 

その際も必ず、炭水化物の量で調整することを意識します。

 

 

ほとんどの人が1日3食 週に1.2回は外食をするような生活をしていると思いますので、この方法で大部分の方が減量の一歩としてスタートできるでしょう。

 

 

まとめ

 

今日は減量(ダイエット)をはじめる人にむけての記事を書いてみました。

 

 

今日のポイントをおさらいすると、

 

  1. 1. 減量(ダイエット)を始める前に1週間、食事メニューと体重推移を把握する
  2. 2. 把握した上で、1日の平均摂取カロリーを出す
  3. 3. 1日の総摂取カロリーの10%を 炭水化物(糖質)で減らす
  4. 4. 1週間様子を見て、体重(もしくは体脂肪率)の変化を見る
  5. 5. 変化を見て、翌週以降の炭水化物(糖質)量を決める

 

世の中には様々なダイエットが蔓延していますが、どれが正解でどれが間違いというわけではありません。

 

ただ、“自分のカラダが痩せる仕組み” というのを一度把握してしまえば、今後自由自在に体型をコントロールできる技術が身につきます。

 

私はその技術を常に意識しているため、記録ありきの減量(ダイエット)やトレーングを行っています。

 

 

この方法は糖質制限というよりは、糖質管理だと思います。

 

本気で痩せたい!という人は、きちんと自分の食事メニューを見なおしてみることをオススメいたします。

 

TOMOの増量メニューと減量メニューを徹底解説!

→ 増量期を終えて…食事メニューのおさらいと減量期にむけての食事計画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 筋トレしながらの減量(ダイエット)はシンプルが肝〜食事メニューをご紹介〜

  2. 減量中(ダイエット)の空腹感を紛らわすためにおすすめな “3つの食べ物”

  3. ダイエット中(減量)の人にオススメ!【高タンパク低カロリー】な “おやつ” …

  4. 胸肉だけではダメ!ダイエット(減量)で失敗する人は赤身のお肉も摂った方がいい理由

  5. 筋肉をなるべく減らさずに体脂肪を減らす、重要な “3つ” のポイント

  6. 皆さんお悩み…下腹部の脂肪を削ぎ落とす方法(食事編)

  7. 減量中の食事にはこの調味料がオススメ!もう味気ない胸肉とはおさらばだっ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


ボディメイクを中心に、ライフスタイルにおいてもカッコよく生きる情報を発信していきます^^

Author:TOMO

TOMO

はじめまして。
TOMOと申します!

トレーニングに目覚め、ガリガリボディからカッコイイからだを目指してトレーニング中

サマースタイルアワード2016 東京大会 優勝

サマースタイルアワード2016 全国大会 3位

詳しいプロフィールはこちら

人気の記事

PAGE TOP