おすすめ記事!

皆さんお悩み…下腹部の脂肪を削ぎ落とす方法(食事編)

 

毎日食事に気をつけ、トレーニングをしていても、下っ腹の贅肉は中々落ちにくいものですよね…

 

男女関係なく、お腹まわりやお尻の脂肪は落ちにくいものです。

 

余分な脂肪は健康問題を引き起こす原因の一つであり、メタボリック症候群の人は糖尿病や心臓病のリスクが高いことも報告されています。

 

カラダについた “余分な荷物” をとるめに重要なことは、”脂肪” とは何かを理解することです。

 

 

脂肪の種類

 

脂肪には “皮下脂肪” と “内蔵脂肪” の2種類があります。

皮下脂肪は皮膚の表面に見られる脂肪のことで、実際に指でつまむことができる脂肪です。

皮下脂肪がなくなるとぺたんこでカッコイイお腹になります。

 

もう一つは内蔵脂肪になります。

この手の脂肪は内蔵の位置を正しく保ったり、衝撃を和らげるクッションの役割がある一方、付き過ぎると大変危険な脂肪です。

事実、内蔵脂肪は直腸がん、乳がん、心臓病、糖尿病やアルツハイマー病なのどを含む重大疾患の要因となります。

 

お腹まわりの脂肪を落としたいのであれば、皮下脂肪と内臓脂肪のどちらか一方ではなく、両方の脂肪をとることが大切です。

 

なぜ脂肪がつくのかを次で解説いたします。

 

なぜ脂肪はつくのか?

 

下っ腹に脂肪がつく原因は色々とありますが、1つにはホルモンバランス、ストレスや質の悪い食事のように自分で調整やコントロールすることが可能なものと、遺伝子や加齢といった自分では調整、コントロールができないものとがあります。

 

太り過ぎではないが、ストレスのたまっている女性を研究したある大学の研究結果によると、”コルチゾール”というストレスに敏感に反応するホルモンの数値が異常に高いとお腹まわりに余分な脂肪がつきやすくなるという報告があります。

 

コルチゾールは主な臓器に脂肪を蓄積させます。

基本的にストレス度合いが高ければ高いほどコルチゾールの数値が高くなり、最終的に太ります。

 

ストレスを上手にコントロールできれば、高いコルチゾール値を下げられます。

 

今はやりの “金子賢” さんプロデュースの  “鍛神”  もこのコルチゾールをコントロールするサプリメントです。

↓↓ 詳しく”鍛神” のHPをご覧ください。

鍛神

 

これがぺたんこのお腹になるための第一歩です!

 

しかし、ストレスだけが太る要因ではなく、質の悪い食生活も太る大きな要因です。

大量の砂糖や高脂質な食べ物を食べていると脂肪はなくなりません。

 

とある大学の医学博士は、体重を落とすには食事と運動の両方を行うこと、内蔵脂肪は皮下脂肪より比較的落としやすく、約2倍のスピードで脂肪が落ちていくと語っています。

 

まずは、お腹まわりの脂肪を落とすため、ストレスを軽減し、健康的に食べ、運動をすること。

この3点が非常に重要です。

 

また、それ以外にも次で紹介する食品を食べることにより、下っ腹の脂肪に効果的です。

 

スペシャルフードを摂取して脂肪を燃焼させる方法

 

お腹まわりを中心としたダイエットに加えるべき食品をいくつがご紹介いたします。

健康的な食事と運動にこれらを加えることにより、驚くべき程の効果を得ることが可能です。

 

1.たまご

たまごと聞いて真っ先に思うのが “コレステロール” のことだと思います。

下っ腹の脂肪に効果があると聞いて驚くかもしれません…笑

 

たまごは高タンパクでミネラル、ビタミン、カラダに良い脂肪が含まれており、大変良い効果をもたらしてくれます。

 

まずはエネルギー源であること、持久力が増し、新陳代謝が活発になります。

それに加えて、卵はコーヒーに砂糖を入れたり、コーヒーと一緒に甘いお菓子を食べたいという欲求を減少させる効果があります。

 

2.ほうれん草

下っ腹の脂肪を燃焼させる食べ物は?と聞かれたら、私はほうれん草です!と答えます。

ほうれん草に含まれているチラコイドと呼ばれている特定の成分が、ゆっくり時間をかけてほうれん草を消化させるため、腹持ちが良いです。

事実、スウェーデンの大学の研究である実験が行われていました。

 

15名の被験者に毎朝、ほうれん草から抽出したチラコイドを与えたところ、食事間の空腹を感じなかったという結果が出ています。

ほうれん草は健康的に空腹感を避けられる魔法の食材です。

※もちろん、飲めば痩せる!等の部類ではありません。

 

3.アボカド

私のまわりではアボカドを好まない人が多いです…(家族も)

それは、味や食感もさることながら、アボカドは森のバターと呼ばれるほど高脂肪であることが原因です。

 

実際のところ、アボカドはカラダの発育や成長に必要な多価不飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸という良質な脂肪です。

 

さらに、アボカドには食物繊維、ミネラル、ビタミンが多く含まれているという利点もあります。

食物繊維がたっぷり含まれているため、整腸作用に効果があります。

また、血糖値の上昇を防ぎ、余分な脂肪がつかないようにする効果があります。

 

可能なら1週間に2個程度のアボカドを食べることをオススメします^^

 

4.全粒粉

小麦粉をつかった製品は体重が増える原因となるということはご存知かと思います。

小麦粉は主食であるため、パンやパスタ、お菓子に使われています。

また、小麦粉が体内で糖質に変わり、体重増加、栄養の偏りや血糖値の上昇などを引き起こします。

 

下っ腹を引っ込ませたい、ダイエットをしたい!という人は全粒粉の食品にシフトすることをオススメします。

全粒粉の食品は様々ながんにも効果があり、コレステロール値を低くし、維持し続けるとういう効果があります

 

また、消化を助け、血糖値を安定させ、血圧を下げる効果もあります。

 

食品のパッケージに “全粒粉” と書かれていれば、その食品は全粒粉の食品である!と安心してはいけません。

『100%全粒粉』と明記してあるパッケージでないとダメです。

 

全粒粉の食品のベストは、ライ麦、玄米、全粒小麦、キノア、そば、全粒オーツ等です。

 

最高の朝食は卵、スライスしたアボカド、ほうれん草とライ麦パンだと思います^^

 

5.ブルーベリー

ブルーベリーはビタミン、食物繊維と抗酸化作用物質が入っており、低カロリーでほとんどが水分です。

オートミールやヨーグルトに加えると最高ですね!

スーパーフード10品目の1つに数えられており、私もよく食べています。

 

6.オートミール

全粒粉の項目で解説したように、オートミールは食物繊維が豊富で、時間をかけてゆっくり消化するため腹持ちがよく、血糖値の上昇を抑えることができます。

 

ただ、市販されている加工されたインスタントオートミール(おいしいやつ)は砂糖がたっぷり入っていますので、注意が必要です。

 

7.アーモンド

私も大好きな最高のおやつの一つです。

アーモンドは心臓病のリスクを半分に減らします。

食物繊維、タンパク質、ビタミンと抗酸化作用物質が多く含まれており、体型をスリムに保つ効果があります。

※ただ、あまりのおいしさのため、食べ過ぎには注意です

 

8.緑茶とレモン入りの水

最後に緑茶とレモン入りの水を紹介します。

レモンが入った水は新陳代謝を促し、緑茶は抗酸化作用と脂肪燃焼効果があります。

緑茶は健康に良いということは言うまでもありません。炭酸水もいいですが、たまには緑茶やレモン水を飲んでみるものいいかもしれませんね♪

 

最後に…

 

日本人はまだまだフィットネスに対する意識が低い人が多いです。

そのため、普通の生活をしているだけでもだんだんと下っ腹に脂肪がついてきてしまうんですね…

隠れ肥満が大変多いです。

 

意識して健康的な食材を意識し、肥満体型の人は今回ご紹介した食材を効果的に摂取し、無理のないようにダイエットを進めていっていただければと思います。

 

これに運動を追加すれば、パーフェクトボディを手に入れることが可能となります。

 

地道な取り組みが将来に自分を作ります。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 減量中の食事にはこの調味料がオススメ!もう味気ない胸肉とはおさらばだっ!

  2. 筋トレしながらの減量(ダイエット)はシンプルが肝〜食事メニューをご紹介〜

  3. 減量中(ダイエット)の空腹感を紛らわすためにおすすめな “3つの食べ物”

  4. 減量(ダイエット)を成功させたい方はまず、現状の “◯◯” と “…

  5. 筋肉をなるべく減らさずに体脂肪を減らす、重要な “3つ” のポイント

  6. 胸肉だけではダメ!ダイエット(減量)で失敗する人は赤身のお肉も摂った方がいい理由

  7. ダイエット中(減量)の人にオススメ!【高タンパク低カロリー】な “おやつ” …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


ボディメイクを中心に、ライフスタイルにおいてもカッコよく生きる情報を発信していきます^^

Author:TOMO

TOMO

はじめまして。
TOMOと申します!

トレーニングに目覚め、ガリガリボディからカッコイイからだを目指してトレーニング中

サマースタイルアワード2016 東京大会 優勝

サマースタイルアワード2016 全国大会 3位

詳しいプロフィールはこちら

人気の記事

PAGE TOP